症例報告ブログ

犬伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)

病態

犬パラインフルエンザウィルスやアデノウィルスなどの種々のウィルスや細菌が混合感染し、犬に気管気管支炎を起こす疾患であり一般にケンネルコフと呼ばれます。伝染性の強い呼吸器疾患であり、多頭飼育や不良な環境下に飼育される犬に発生が多く、発症した犬との接触により感染する可能性があります。

 

症状

発咳が主要な症状であり全身状態は良好であることが多いです。乾性の咳が一般的ですが喀痰(気道粘膜からの分泌物)の存在により湿性の咳(タンが絡んだような咳)に変わります。

 

診断

特定の原因ウィルスや細菌を証明することは難しく、一般血液検査や胸部レントゲン検査においても正常から軽度異常所見が認められる程度であることが多いため、多くは感染犬との接触の有無や飼育環境の特定、臨床症状などに基づいて診断します。

 

治療

抗菌薬の投与が第一選択となります。症状の緩和治療として去痰薬、気管支拡張薬、抗炎症薬なども併用します。鎮咳薬の使用は、特に喀痰の貯留が明らかな場合、控えた方が良いとされていますが、発咳が重度であり体力の消耗が激しい場合や就寝不可などの場合に使われることもあります。また、ネブライゼーションによる処置も有効です。

 

予後

高温多湿・冷温乾燥を避け、ストレス改善など適切な環境下であれば治療により予後は良好な疾患です。しかし罹患犬の状態や肺炎などを併発している場合は重症化することもあり得ます。また、適切な治療を行っても短期間での発咳症状の消失はまれであるため、飼い主様には根気よく投薬を頑張って頂く必要もあります。

 

症例

犬種:ビーグル

年齢:6ヶ月例

雌雄:未去勢雄

主訴:

元気・食欲は正常

1週間前にペットショップから引き取った

咳がひどいとの主訴で来院

 

検査

聴診にて心音・肺音正常

体表リンパ節腫脹みられず

レントゲン検査を実施したところ、顕著な異常所見は得られず

 

治療

年齢、症状などからケンネルコフと判断し、ネブライザー、抗生剤・去痰剤の投薬により経過を観察しました。初診時から2週間ほどは咳が増えているように感じたとのことでしたが、根気強く2~3日おきにネブライザーに通院してもらい、その後は症状が落ち着いていきました。1ヵ月経過したころには咳がだいぶ少なくなったとのことで、1ヵ月半経過したころには症状は出なくなったとのことでした。

現在、投薬、ネブライザーは行っていませんが症状もなく元気に過ごしてくれています。

動脈管開存症

動脈管開存症

 

・動脈管開存症とは

動脈管は胎生期に肺動脈と大動脈に血液を通すバイパスとして機能しており、通常生後2~3日に退縮します。動脈管開存症では本来閉じるべき動脈管が残っており、治療しなければうっ血性心不全に発展してしまう先天性の病気です。

 

・症状

初期では無症状のことが多いが、症状が悪化すれば運動不耐性、呼吸速迫、発咳などが見られます。さらに症状が悪化すれば失神、チアノーゼ、うっ血性心不全による肺水腫で命に係わる可能性もでてきます。

 

・診断

身体検査では連続性雑音という特徴的な雑音が聴取され、動脈管開存症の疑いを判断します。

確定診断には心エコー検査が必要となり、肺動脈の分岐部での血液の乱流を確認します。

また心拡大の評価のためにレントゲン検査なども用いられます。

 

・治療方法

内科治療では一般的な心不全に対する薬が用いられます。しかし内科治療では根治治療が望めることが少なく、病態が悪化する前に外科手術を選択することが推奨されます。

外科治療では開胸手術により動脈管を糸で結紮し血流を遮断します。当院では外科手術をよりスムーズに行う目的で術前のCT撮影で動脈管を確認することおこなっています。

 

 

・症例

症例:

T.プードル

DSC04615.jpg7

主訴:

3カ月齢のワクチン接種時に心雑音を聴取した。

 

検査:

聴診にて連続性雑音という動脈管開存症に特徴的な心雑音を聴取した。

心エコー検査で肺動脈付近に血液の連続性の乱流を確認し、動脈管開存症であることを確認した。

B00000011.jpg`

治療:

生後7カ月まで成長を待ち外科手術をおこなった。手術では肺動脈と大動脈をつなぐ異常な血管を確認し、糸で結紮し血流を遮断した。

また術前のCT検査にて動脈管の確認を行い、術後のCT検査にてその部分の血流が遮断されていることを確認した。

現在は心雑音も確認されず良好な経過を送っています。

オペ前CT(矢印が動脈管)

‘torii purin pre op.jpg`

 

オペ後

torii purin post op.jpg`

食道内異物

普通の異物は以前に話したことがありますが今回は大きなものを食道に詰まらせてしまうケースです。いわゆる食べ物をのどに詰まらせるというケースです。

 

 

原因

小型犬で多く見られ、大きなものを飲み込んでしまったときに食道を通過できずにとどまってしまうことで発生します。

 

症状

嘔吐と異なり、ものを食べた直後にすぐ吐き出してしまう吐出という症状が特徴です。

ほかに発咳や流涎が見られます。

 

診断

レントゲンや造影レントゲン、内視鏡

 

治療

大きさにもよるが基本的には内視鏡が適応ですが、あまりにも大きすぎるものや食道を傷つけてしまう恐れのある場合は開腹手術を行う。

 

 

症例

6か月のヨークシャテリアでジャーキーを食べてから吐くという主訴で来院されました。

 

レントゲン検査を実施したところ気管が一部腹側に圧迫されていたために造影を行ったところ食道に異物が見つかりました。

 

治療としては来院後すぐに内視鏡を行ったところ食道にジャーキーがあり内視鏡下で摘出しました。

その後、特に症状は見られなくなり現在も普段と変わらない生活を送っています。

 

 ibutu1来院時のレントゲン赤丸で囲まれてるところが異常な場所です。

ibutu2造影剤を飲ませた後です。赤丸で囲んであるところに異物があります。

ibutu3健康時のレントゲンです。気管がまっすぐになっています。

唾液腺嚢胞

< 唾液腺嚢胞について >

唾液腺嚢胞は、唾液腺やその導管が傷害受けそれによるムチンの周囲軟組織への漏出によって起こります。この病態の原因として不明のものが多く、さまざまな原因(外傷、唾石や炎症による唾液腺導管の閉塞、腫瘍など)により発生します。

< 症状 >

頸部腹側、下顎間、口腔内舌下組織、眼窩周囲などに波動性の腫脹がみられます。

ドーム状の粘膜の腫脹のようにみられ、数mmから数cm程度に至る直径になることがあります。一般的には軟らかく波動感がありますが、硬結感を有することもあります。

典型的な症例では無痛性であるが、顕著な炎症や二次的感染がある場合には疼痛を伴う場合もあります。

111

< 診断 >

腫脹部の触診と穿刺吸引により診断を行います。

穿刺吸引では透明~灰褐色あるいは血液の混じった粘調度の高い粘液が採取されます。

 

< 治療 >

本病変は稀に一過性で自然に破裂して治癒する場合がありますが、多くの場合、根治的治療が施されない限り病変は持続します。

数週間以上続く場合や初回破裂の後に再発した場合には、すべての症例において外科手術の実施が推奨されます。

 

 

虹彩萎縮

  • 虹彩萎縮について

虹彩萎縮は多くは老化にともなって進行する病気です。瞳孔のふちがギザギザになってきたり、虹彩自体が薄くなったりします。

しかし、少数ですが他の眼の病気で発症することもあるので注意が必要です。

  • 症状

瞳孔を狭めることができなくなったり、狭めても虹彩にあいた穴から光が漏れてしまったりするので、明るいところでとくにまぶしがることが増えてきます。暗いところでは症状が落ち着くのが特徴です。

  • 診断

虹彩を実際に見ることで行います。また、他の眼の病気でもまぶしがる症状がでることがあるので広く眼科検査をします。

  • 治療

予防や進行を止める治療はないため、患者の負担にならないように日中の散歩などは控えた方がよいかもしれません。

 

 

 

 

赤血球指向性マイコプラズマ感染症

 

・赤血球指向性マイコプラズマ感染症とは

赤血球指向性マイコプラズマが猫の赤血球表面に感染し、溶血性貧血が引き起こされる。

 

・原因

Mycoplasma haemofelis、M.haemominutum、M.turicensisが猫に感染する重要な3株のマイコプラズマと言われている。

 

・症状

元気消失、食欲不振、沈鬱などの非特異的症状に加え、貧血、黄疸、発熱、可視粘膜蒼白、脱水、脾腫、呼吸速迫などが認められる場合もある。

 

・診断

血液塗抹標本にて赤血球表面に散在あるいは直線状に配列する好塩基性の点状物を確認する。あるいは血液からPCRにて遺伝子を検出する事でも診断可能である。

inner-img8

 

・治療方法

テトラサイクリン系抗菌薬の投与が有効であるが、食道炎や食道狭窄を招く可能性があり、十分な水と一緒に投薬することが必要。

またニューキノロン系抗菌薬であるエンロフロキサシンも有効と言われている。

貧血が重度の症例では輸血を行ったり、免疫学的に赤血球が破壊されていると判断した場合にはプレドニゾロンを投与する。

 

・予防

感染経路は完全には解明されていないが、雄であること、ノミ・ダニの吸血、咬傷、母子感染などが感染経路として疑われており、これを予防することが有効であると言われている。

 

・症例

症例:和猫 10歳齢

主訴:元気食欲低下、呼吸速迫、倒れた

検査:血液検査の所見より重度の貧血を認め、PCR検査にてM.haemofelisが検出された。呼吸の速迫があったため酸素下での入院治療を行った。

治療:テトラサイクリン系抗菌薬とニューキノロン系抗菌薬を投与した。貧血が進行するならば輸血を考慮したが、抗菌薬の投薬により貧血が改善したため、入院より4日目で退院した。1か月後のPCR検査ではMycoplasmaの検出はなかったため、投薬も終了した。

 

脛骨異型性症

脛骨異形成症

 

・脛骨異形成症について

脛骨異形成症は、ダックスフンドに特異的にみられる脛骨遠位部が内反もしくは内旋し弯曲する疾患です。この弯曲は脛骨遠位成長板の内側部分が成長停止し、外側部分は成長を続けるため、脛骨遠位成長板の内側と外側が不均一になり起こります。

本疾患での変形は早ければ3ヶ月齢で始まり、8ヶ月齢くらいまでに進行しそこで止まると考えられています。

 

・症状

よちよち歩く、外観がひどいがに股、不自然が歩様などぎこちない歩様を呈するが、一般的には患肢を挙上する程の重度の挙上は見られます。これは犬が環境適応能力に優れているためです。

 

・診断

身体検査およびX線検査によって診断つけることが可能であります。

 

・治療

統一した治療指針はまだありませんが、日常生活で支障をきたす重度の跛行や転倒といった症状がある場合に将来的に骨関節症など発生につながるため手術を勧めることがあります。手術を希望しないオーナー様には、太らせないことや激しい運動を避けることなどの対処療法を提案します。

外科的治療法として、さまざまな変形矯正手術がありますが、当院ではプレートを用いた矯正術を行っています。

 

症例:

犬種:Mダックス

年齢:1歳4ヶ月齢

雌雄:メス

主訴:数か月前から後肢ががに股歩行を示すようになる。

 

身体検査所見:

元気食欲など一般状態は正常。院内歩行検査にて右後肢の膝が外側に向いており、稟告と同様にがに股の歩行を示していた。その他触診での右後肢の痛み、挙上は認められない。

外観所見:

%e5%9b%b36

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%e5%9b%b31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レントゲン検査所見:

右後肢        左後肢

%e5%9b%b33 %e5%9b%b34

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レントゲン検査にて健常肢(左後肢)と比較して、患肢(右後肢)は脛骨遠位で内側に湾曲しており、そのため足根関節が内側に向いている。

 

手術所見:

レントゲン検査から湾曲した角度を計測し、脛骨骨切り術を実施した後、プレートにて固定を実施した。

 

術後レントゲン所見(右後肢のみ):

%e5%9b%b35

 

 

 

 

 

 

 

術後経過:

患肢の湾曲は矯正され、術後経過は良好である。

しらみ

今回は動物の体に住みついてしまうむしについてです

 

シラミ症・ハジラミ症とは、皮膚や被毛へのシラミ・ハジラミの外部寄生のことを言います。動物では特に猫に多く認められ、黒猫の場合は被毛に卵がついている様が観察できますが、淡い毛色の場合は見つけにくいことも多いです。

 

・原因

シラミ・ハジラミに感染している動物への接触。犬から犬へ、猫から猫への感染は頻繁に起こりますが、動物種を超えての感染は稀です。

 

・症状

まったく無症状の個体から、ひどい痒みを伴う症例までいます。黒い被毛の動物では肉眼で虫卵を確認することが可能です。

 

・診断

セロハンテープに被毛を接着させ顕微鏡で観察することで、容易に診断が可能です。

 

・治療方法

フロントラインなどの塗り薬が有効ですが、治療までに時間がかかるので、多数寄生している場合は毛刈りをお勧めすることもあります。また、感染した動物の寝場所は清潔に保つことが必要になります。

 

 

・症例

症例:

和猫  3ヵ月

主訴:

今朝道端で見つけたので、健康診断をしてほしい

検査:

視診により、被毛にハジラミの卵がついているのが観察された。

治療:

感染範囲が広いことから毛刈りを実施し、フロントラインを使用したところ、無事に駆除することができた。

%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%bf

副腎皮質機能亢進症

脳の視床下部、もしくは副腎の腫大によりホルモンが過剰に分泌される病気で様々な症状を示し、その他の病気の悪化につながる病気です。

 

症状

多食、多飲・多尿、腹囲膨満、左右対称性脱毛など症状は様々である。

合併症として糖尿病、血栓症などがあり、命に関与することもある。

 

診断

血液検査(肝酵素の上昇、高コレステロールなど)レントゲン(肝腫大)、エコー検査(副腎の腫大)、尿検査(低比重尿)などの一般的な検査とACTH刺激試験や低用量デキサメサゾン試験などの検査と組み合わせることによって診断する。

 

治療

副腎の摘出を行う、もしくは副腎ホルモンの放出を抑制する薬剤によるものである。

 

 

 

 

症例 ミニチュアダックスフンド 雌

主訴1ヶ月前から脱毛が見られてきた。

全身状態としては、全身の脱毛、皮膚の非薄化が見られた。

後日、血液検査を実施したところ肝臓の数値が大幅に上昇していたため

さらにACTH刺激試験にて異常が検出されたため、薬の投薬を開始した。

投薬開始後は、発毛が認められるようになり、肝臓の数値の改善が認められた。

現在は皮膚の状態は良好で、肝臓の数値も良い状態である。

 

来院時       1か月後      2か月後      3か月後

%ef%bc%91

%ef%bc%92%ef%bc%93%ef%bc%94

犬の肥満細胞腫

犬の肥満細胞腫は主に皮膚または皮下に発生する腫瘍で、犬の皮膚腫瘍の7~21%を占め最も多い。

 

原因 一般に細胞が腫瘍化するのは細胞の多くの分子機構の異常が関与している。

肥満細胞腫ではc-KITという遺伝子の変異が腫瘍化に大きく関与しているとされている。

 

症状

肥満細胞腫の多くは皮膚に孤立性の腫瘤を形成し、中には潰瘍を伴うものもある。

皮下の肥満細胞腫では触診では脂肪腫と誤診されることもあるため、皮膚の腫瘤を発見した場合は常に肥満細胞腫の可能性を考えなければならない。

また、肥満細胞はヒスタミンやヘパリンなどの生理活性物質を細胞内に含み、これが放出されることで消化管潰瘍がおき、嘔吐や下痢、食欲不振の原因になることがある。

触診などの物理的な刺激によってもこれらの物質が放出され、腫瘤周囲に内出血や紅斑が生じる事があり、これをダリエ徴候と呼ぶ。

 

診断

肥満細胞は特徴的な細胞の見え方をするため、腫瘤に針を刺し細胞をとること(FNA検査)で診断がつくことが多い。肥満細胞腫はFNAで確定診断ができる数少ない腫瘍の一つである。

 

治療法

基本的には外科的に切除することが第一選択である。外科切除後に病理検査の結果に基づいて、悪性度が高い場合には術後放射線治療や抗がん剤などを行う。

また、腫瘍のサイズを縮小させたり、腫瘍の増殖を抑制する目的でコルチコステロイドの投薬が行われることがある。

 

予後

病理組織検査において組織学的悪性度が決定される。

組織学的悪性度はPatnaik分類とKiupel分類がある。古くからPatnaik分類が行われてきたが、臨床上解釈が難しいことがあり、Kiupel分類による予後予測を提唱している。

Kiupel分類 低グレード 1年生存率95%、死亡率4.5%

高グレード 1年生存率24%、死亡率75%

 

 

症例

犬種:ラブラドールレトリバー

雌雄:メス

体重:29kg

主訴:健康診断にて右前肢に直径2㎝大の結節状病変が触知された。

診断:FNA検査にて肥満細胞腫と診断。

治療:コルチコステロイドにより腫瘍を縮小させた後に外科手術により切除を行った。

病理組織検査において右前肢の肥満細胞腫は完全切除されており、悪性度が低いと診断された。そのため術後の補助治療は必要ないと判断され、経過観察となった。

 

右前肢に発生した肥満細胞腫  細胞質に顆粒を含んだ肥満細胞腫%ef%bc%91

 

%ef%bc%92