症例報告ブログ

猫伝染性腹膜炎(FIP)治療薬

FIP(猫伝染性腹膜炎)は、致死的かつ、効果的な治療のない病として長い間たくさんの猫ちゃんや飼い主様、獣医師をも苦しめている病気です。

しかしここ最近FIP治療薬の研究が進み、治療、寛解できる病気として変わりつつあります。

初期に特効薬として研究された薬剤は非常に入手しにくく、その擬似品が薬として認可されず流通するようになりましたが、倫理的な面や安全面から当院で使用することはありませんでした。

しかし今回、モルヌピラビルという薬を使い寛解まで持ち込むことができました。

FIPは近年人で流行しているCovid-19と同じコロナウイルスによって引き起こされます。

モルヌピラビルはここ数年Covid−19の治療薬の研究が進んだことで、人体薬としてではありますが薬事申請され、日本でも特例認可されており、薬の正規品として使用ができること、比較的安価な点が今まで流通していたものとは異なります。

 

------------------------------

症例
猫 雌 4ヶ月
腹部張りを主訴に来院。
腹水、発熱を確認。腹水性状と腹水中コロナウイルス遺伝子検査、臨床症状からFIPと診断。

 

腹水貯留により腹部がすりガラス状に白くなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗生剤、インターフェロン、ステロイド治療を10日間実施するが体調や発熱の改善は乏しかった。

腹水貯留、高グロブリン血症、炎症マーカーSAAの高値も認める。

ここでモルヌピラビルの投薬を開始した。

投薬開始2日目には元気が出てきた。3日目には食欲も改善。以降体調は改善傾向で腹水も減少。14日目には腹水消失。

 

投薬前、腹水が認められるため臓器の間に黒い部分が多い。(扇状の中がエコー画像)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投薬後、腹水が消えて黒い部分は少なくなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投薬8週後に効果判定として測定した炎症マーカーSAA、高グロブリン血症も正常化、寛解となった。

モルヌピラビルは休薬、ステロイドも徐々に減らしていった。

休薬後21日経った現在も寛解状態を保っている。

 

------------------------------

 

 

今回の症例は投薬後数日で顕著な効果が認められ、良好な結果を得ることができました。

モルヌピラビルは獣医領域でも新しい薬のため副作用の情報も乏しく、今後耐性ウイルス出現等の心配もあります。

また投薬タイミングの判断なども含め、処方は慎重に行っていくべきだと考えています。

 

 

フェレットの脱毛

フェレットは季節や年齢の影響で被毛の色や模様が変わることが多い動物です。はじめは戸惑いますが1年、2年と飼っているとそんなものかな?と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、それだけで済めばよいのですが、検査してみると命に関わる怖い病気であることもあるのです。それは副腎腫瘍です。進行するとホルモン異常によって様々な異常が発生します。いくつかありますが、例えば貧血やオスの場合は前立腺肥大による尿道閉塞と腎不全です。見た目で診断できないので超音波検査で診断します。腫大した副腎を見つければ仮診断として十分と考えています。

腫瘍の進行は止められませんが、ホルモン抑制剤で諸症状を抑えて長期的な管理がとても重要です。

「毛が薄い、脱毛している」「皮膚に赤みがある」「やたらと体をひっかく」といったことを見つけたら病院で検査をお勧めします。

 

治療前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康診断と腹腔鏡による肝生検

みなさんは自分のわんちゃん、ねこちゃんに定期的な健康診断をうけさせていますか?健康診断を受けたけど大きな異常がない、と言われて安心される方もいれば拍子抜けされる方もいらっしゃるかもしれません。確かに、目に見える症状がなければ血液検査などに異常がないことがしばしばです。しかし、目に見える症状もなければ少しだけ数値が高いだけなのに時間とともに悪化する病気を持っているわんちゃん、ねこちゃんは実際いるのです。
今回、ご紹介するのは目に見えた症状がないものの、健康診断で肝臓の数値が高かった子たちの一部をご紹介します。

症例1
1歳 未去勢オス トイ・プードル 3.66kg BCS:3.0
他院で健康診断を実施した。その時の肝数値が上昇(ALT:244U/L)していたことから食事指導をうけ1ヵ月経過をみていた。その後の検査結果がALT296U/Lで上昇していたことから心配になり当院を受診した。
まず、麻酔の必要がないⅩ線検査、エコー検査を実施した。この結果、肝臓が小さいこと以外に大きな異常は認められなかった。エコーレベルで門脈の萎縮がなかったことから肝実質病変を疑い、麻酔下での造影CT検査と腹腔鏡による肝生検を計画した。
得られた結果から、原発性門脈低形成と診断した。原発性門脈低形成は根本的治療がないものの単独では比較的予後のよい病気として知られている。本症例は肝臓の負担を減らす目的で低脂肪食と利胆薬の内服を処方した。それによって、1ヵ月後には数値が基準値に改善した。その後は、定期検査で状態の安定を確認している。

下写真は抜糸時のもの、発毛が早く術野にも被毛が認められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症例2
2歳 避妊メス(他院で手術) 柴犬 8.6kg BCS:3.0
当院で健康診断を数回実施している。症状はないものの肝数値は毎回高かった(ALT:200~400U/L)。生活習慣の問題ではなく何かしらの肝疾患を疑ったため、追加検査を提案した。麻酔の必要のないⅩ線検査、エコー検査では肝臓辺縁が鈍で小さいこと以外に大きな異常は認められなかった。エコーレベルで門脈の萎縮がなかったことから肝実質病変を疑い、麻酔下での造影CT検査と腹腔鏡検査、そして胆汁の細菌培養検査を計画した。
得られた結果から、原発性門脈低形成と銅蓄積性肝障害と診断した。銅蓄積性肝障害は先天的な代謝異常で治療しないと次第に肝硬変へ移行していく命に関わる病気として知られる。残念ながら根本的治療はないため、銅含有量の少ない治療食と体内の銅を排出させる薬剤を用いて緩和治療を実施した。これによって、数ヵ月後には肝数値は基準値に改善した(ALT:61U/L)。

今回紹介した症例はどちらも肝生検なしには診断できない病気でした。しかし、見た目に症状がない点は同様ですが、その後の治療では食事や内服といった点で全く異なる対応が必要でした。そのため、肝生検はとても重要なのです。そこで腹腔鏡が役立ちます。麻酔自体かけたくないと思いますが、体にかかる負担や傷口のサイズは小さくなるからです。
皆さんのわんちゃん、ねこちゃんが肝生検を提案されたときに今回の記事が少しでも背中を押す力になれば幸いです。

猫の跛行

今回は猫の跛行(はこう)について触れてみたいと思います。

跛行とは、何らかの原因により脚を挙上したり負重をいやがったまま歩行することです。

原因は骨折や関節の痛み、爪の損傷、肉球の異常など様々存在するため原因を特定することも容易ではなく、

原因がはっきりと判明しないまま治療を開始することもあります。

今回は少し変わった原因から跛行を呈した猫ちゃんについて紹介します。

 

症例

約15歳 雑種 雄

 

主訴

朝から後肢跛行

食欲あり 活力あり

 

身体検査

明らかな骨折・爪が肉球に刺さっている様子などはない

右臀部のあたりに硬いしこりがあるが以前からあったもの

 

診断:

Xrayによる画像検査にて右骨盤部の石灰沈着が確認された

その他明らかな骨折や脱臼・体表腫瘤などの異常はみられなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左が術前、右が術後のXray画像です。

 

病理検査目的のため腫瘤全部位を取り除いたわけではありません。

外科的に切除し病理検査の結果、骨軟骨腫との診断でした。

骨軟骨腫とは、骨に関する腫瘍の中でも良性腫瘍であり、通常の骨の成長と共に角のように大きくなったものです。

治療に関しては、基本的に良性病変のため、特に症状がなければ経過観察のみで、疼痛などがあれば切除します。

今回のケースでは、腫瘤自体は以前からあったものの、大きくなってきたため筋肉などを圧迫し痛みや歩行困難などの症状を呈したものと考えられます。

病変を完全に切除したわけではないにしろ、切除を行ったあとは猫ちゃんの動きもスムーズとのことです。

 

みなさんもワンちゃん、ネコちゃんの歩き方がおかしいなと思ったらお気軽にご来院ください。

 

 

尿管結石

尿路結石の多くは膀胱や腎臓で形成され、それが存在する場所により腎結石・尿管結石・腎結石などと呼ばれます。尿管結石は腎臓と膀胱をつなぐ尿管に結石が詰まってしまった状態です。症例の多くは激しい痛みが出たり、腎機能の著しい低下、また感染症を起こす原因になったりします。

 

診断:

診断にはレントゲン検査やエコー検査が有効で、結石の確認や腎臓・尿管の評価が有効です。結石部位のしっかりした確認のためCT検査を実施することもあります。

また腎機能のチェックのために血液検査を行います。

 

 

 

矢印の部位に小さな結石が確認できる

 

 

 

 

治療:

患者の状態や、結石の大きさ・数などにもよりますが手術が有効です。

手術が困難である場合などでは内科的に静脈内点滴などが行われることがあります。

 

予後:

腎臓にかかっていた負担により慢性腎臓病の治療が必要になることがあります。

また再度結石を作らないために食事療法やサプリメントなどを使用して再発の予防をします。

 

症例:

種類:猫(MIX)

年齢:4歳齢

雌雄:去勢雄

体重:4.0kg

飼育方法:室内飼育・多頭飼育

ワクチン接種歴:毎年ワクチン接種済み

主訴:突然の頻回の嘔吐、食欲不振

診断:

画像検査にて重度の水腎症(腎臓の腎盂という部分が拡張してる状態)と結石を確認しました。下の写真は症例が水腎症を起こしているエコー写真です。

また血液検査にて腎数値の上昇を認めました。

治療:

顕微鏡を用いた手術により、尿管を切開し結石を摘出しました。(下の写真が摘出された尿管結石です:3mmほどの大きさのものです)

その後、順調に回復し、現在は食事やサプリメントにより再発防止に努めています。

 

 

ナルコレプシー

ナルコレプシーとは慢性の睡眠障害であり人以外でも犬や馬において自然発症することが知られています。人では日中の過度の眠気、情動脱力発作(カタプレキシー)、レム睡眠関連障害を特徴とします。犬では食事・遊戯などの刺激で誘発されるカタプレキシーを特徴とし、孤発性と家族性が認められます。孤発性はヒポクレチンの産生障害、家族性はヒポクレチンの受容体変異が認められます。

 

ヒポクレチンとは?

ヒポクレチンは視床下部外側部に局在し、覚醒のコントロールにとって重要な役割を担います。

 

 

 

 

 

 

診断:

確定診断は以下の項目を満たすこと、またその他の疾患が除外されることによって診断されます。

1カタプレキシーの発現

2フィゾスチグミン発作誘発試験(0.05mg/kg/ivで5-30分持続)

3CSF中のヒポクレチン1濃度の異常低値(特異度と感度が最も高い)

 

治療:

治療方法は以下の投薬によって行われます。

1三環系抗うつ薬

2アドレナリンα2受容体拮抗薬

3ベンズアミド系抗精神病薬

 

予後:

ナルコレプシーは進行性かつ致死的な疾患ではありませんが、生涯にわたり症状が続くため、薬物療法とQOLの改善が求められます。投薬の他に自宅での工夫としては以下の方法が考えられます。

1食事の際には柔らかいマットを敷くこと

2ガラスや陶器の器をさける

3低カロリー食を与える(体重管理を目的として)

 

症例:

犬  種:M.ダックスフンド

年  齢:13歳齢

雌  雄:去勢雄

体  重:6.2kg(BCS3/5)

飼育方法:室内飼育・単頭飼育

ワクチン接種歴:毎年ワクチン接種済み

主訴:食事中にねてしまう、下の図のように患者は食事をすると脱力状態になり眠ってしまいます(カタプレキシー)。

 

 

 

 

 

 

 

MRI検査:下垂体に嚢胞性の病変を認めたがそれ以外の異常所見は認められませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

診断:

1カタプレキシーの発現        →◯

2フィゾスチグミン発作誘発試験    →☓

3CSF中のヒポクレチン1濃度の異常低値→◯

 

以上の結果から本症例はナルコレプシーと診断しました。ナルコレプシーには症候性ナルコレプシーという疾患も報告されているためMRI検査での鑑別は必要であると考えています。

症候性ナルコレプシーのMRI検査:

本疾患もカタプレキシーを発症した症例ですがMRI検査にて下垂体領域に巨大な腫瘍が認められています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫の拡張型心筋症

心臓の拡張能力、収縮能力が低下してしまう心臓病

 

 

原因

タウリンの不足した食事、遺伝子やカリウムの欠乏によって引き起こされる。

 

 

症状

疲れやすくなるや食欲が落ちてくる、立てなくなる。末期的や急性期では呼吸が荒くなり、口を開けての呼吸が見られる。

診断

聴診による雑音の確認

レントゲンによる心臓の拡大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコー検査により心筋壁の菲薄化、収縮、拡張能の低下

 

 

 

 

 

 

 

心臓のエコーで心臓の動きが弱くなってしまっていることが確認できる

 

治療

胸水がある場合は胸水の穿刺による抜去や利尿剤を使用する。

肺水腫を起こしてしまっているときは利尿剤を使用する。

心臓の収縮する力が落ちてしまっているため強心剤を使用する。

また、栄養性の可能性がある場合においては不足しているであろう必須アミノ酸を給与する。

フェレットのフィラリア症

はじめに

犬猫と違って環境の制約をあまり受けないフェレットは手が出しやすいペットの一つだと思います。

そんなフェレットで今回お伝えしたいのがフェレットの『フィラリア症』です。

 

フィラリア症とは

フィラリア症は犬を飼っている人にはなじみの深い病気ではないでしょうか。

フィラリアとは、感染した蚊に血を吸われることでうつる心臓に住む虫です。

予防が簡単なのに一度感染すると命に関わる病気です。

 

簡単な予防

 

 

 

 

 

 

 

 

予防は簡単、お家で月に1回薬を飲ませるだけです。

予防期間は愛知県ですと5~12月の8か月間です。

お住まいの状況によって、蚊が血を吸う時期が長くなる場合は1年間の予防をおススメします。

フェレットに薬を飲ませることができるのか心配される方もいますが、犬用に販売されている、

お菓子のような薬なので多くのフェレットが抵抗なく食べてくれます。

もし難しくてもその子に合わせた予防を相談させていただけるので心配なかたはご相談ください。

 

検査

 

 

 

 

 

 

 

 

お薬を処方する前に簡単な血液検査で現在の感染状況を確認させていただきます。

残念ながら完璧に診断できる検査はないのですが、できる限り安全に予防するためにおススメ

しています。

別件になりますが、フェレットによく発症する病気に『インスリノーマ』という病気があります。

簡単にいうと低血糖で命にかかわる病気です。

見た目に元気なフェレットでも隠し持っている可能性があるので年1回でも

血液検査で調べておくことが非常に重要です。

フィラリア検査のついでに調べることもおススメします。

 

免疫介在性溶血性貧血

今回は免疫介在性溶血性貧血(IMHA)について触れていきたいと思います。IMHAとは補体を介して直接的に、あるいはマクロファージによる貪食により赤血球の崩壊が亢進する疾患であり、その原因や溶血の機序について不明な点も少なくありません。

IMHAは

  • 抗体の産生機構に異常をきたすことで自己抗体が産生される(特発性IMHA)
  • ウィルス・細菌などの感染により赤血球膜の抗原が変化して抗原性を獲得し、その抗原と反応する抗体が産生される(二次性IMHA)

以上のような機序により発症します。

犬においては特発性IMHAが多いとされ、好発犬種としてコッカースパニエル、プードル、マルチーズなどが挙げられます。一般に雌は雄よりも発生頻度が高く(約3~4倍)、中年齢(2~8歳)での発生が多いとされています。この疾患は、罹患後2~3週間で死亡する例も多く、早期診断・治療が必要な疾患です。

症状は基本艇的に急性貧血に伴うもので、元気消失、食欲廃絶、可視粘膜蒼白、呼吸促拍などがみられる。

IMHAの診断においては

  • 溶血を疑う貧血
  • 球状赤血球症、赤血球自己凝集、直接クームス試験陽性の内1つ以上当てはまる
  • 溶血を引き起こすほかの疾患の除外

といった検査結果から本症例を疑います。除外すべき他の疾患としては玉ねぎ中毒、腫瘍、バベシア症、猫ならヘモプラズマ感染症などがあります。また、多発性関節炎や全身性エリテマトーデスのような免疫疾患についても注意が必要です。

球状赤血球

 

 

 

 

 

 

 

:球状赤血球

重篤な急性のIMHAでは死亡率が高く、血栓塞栓症や播種性血管内凝固(DIC)が死因となることが多いため、急性例に対しては入院下で抗血栓凝固療法を併用することがあります。溶血の進行が激しく輸血をしないと死亡の可能性がある場合には輸血も実施されます。

処方としては、免疫抑制量のプレドニゾロンを投与します。免疫効果を高めるためやプレドニゾロンによる副作用を軽減するため、最初からシクロスポリンやアザチオプリンなどの他の免疫抑制薬を併用することもあります。

症状が改善し、血液検査での貧血が改善・安定されてきたらプレドニゾロンの投薬量を段階的に減らしていきます。プレドニゾロンを休薬できるまでに症状が落ち着いていたとしても、休薬後も定期的に血液検査を続けることが望ましいです。臨床症状がなくとも、血液検査で貧血の傾向が見られたら投薬を再開します。また、投薬を継続しなければいけない症例やプレドニゾロンに対する反応が乏しい症例も少なくありません。

<症例>

パピヨン 12歳

RIMG8416

 

 

 

 

 

 

 

主訴:

元気・食欲不振、ふらつきを主訴に来院

検査:

赤血球数(RBC):2.46M/μℓ、ヘモグロビン(Hb):5.7g/dL、ヘマトクリット(Hct):17.6%

画像検査にて腹腔内出血や貧血の原因になるような著変はみられなかった

血液塗抹にて球状赤血球がみられた

治療:

プレドニゾロン2mg/kgから開始。3病日目からはシクロスポリンの併用を始めた。治療開始から一ヵ月半ほど経過したところ、赤血球数(RBC):3.92M/μℓ、ヘモグロビン(Hb):9.6g/dL、ヘマトクリット(Hct):27.9%まで上昇。今後も経過を見ていく。

子猫の健康診断

子猫の健康診断について

さまざまな理由で新しい子猫を迎え入れた方へ、子猫の健康診断はすんでいますか?

見た目上健康な子でも様々な問題を抱えている可能性があるので病院への受診をおすすめします。

 

健康診断

・触診:栄養状態、風邪をひいていないか、ノミやシラミなどの外部寄生虫などを確認します。皮膚病、外耳炎の有無を確認します。

・聴診:心疾患や呼吸器疾患の有無を調べます。

・検便検査:寄生虫疾患などを調べます。下痢等の症状がなくても寄生虫などにかかっている場合があります。

・血液検査:内臓の疾患や貧血などを調べます。また検査に適した時期がありますがエイズや白血病などのウイルス疾患の有無を調べることもできます。

 

・症例

症例:

和猫  約2カ月齢

ゆりあ

主訴:

保護した仔猫の健康診断および軟便を主訴に来院

検査:

糞便検査よりネコ回虫とコクシジウムの寄生が確認された。

また身体検査でノミが確認された。

かいちゅう

こくし

治療:

コクシジウムに関しては抗原虫薬の投与、回虫に対してはノミと同時に治療できるブロードラインという製品で治療しました。その後、健康状態も良くワクチン接種も実施され健康に過ごしています。