症例報告ブログ

甲状腺機能低下症

今回は脱毛のお話です。わんちゃんの毛が抜けるという症状には多くの原因が考えられますが、高齢のわんちゃんに多い原因として、ホルモンの異常というのがあります。詳細な血液検査やエコー検査をしていくことで初めて鑑別が出来る疾患ですので、なかなか治らない脱毛もあきらめず病院に通ってくださいね!

————————————————————————————————————————————

症例
年齢:16歳
犬種:ミニチュアダックスフンド
主訴:背部や腹部の脱毛および掻痒。以前から抗生剤やシャンプーが処方され、一時的には良化するもののすぐに悪化、というのを繰り返している。頸部の皮膚の肥厚やふらつきなどの神経症状が認められる。
血液検査:肝酵素の上昇が認められた(ALT:97U/L、ALP:746U/L)
甲状腺機能検査:T4(0.5ug/dL)、fT4(<3.86pmol/L)の低下およびTSH(1.09ng/mL)の上昇が認められた。
診断:甲状腺機能低下症
治療:レボチロキシンナトリウムを20ug/kgで1日2回投与を開始した。
   1か月経過し、初診時より皮膚の病変が良化してきている。

甲状腺機能低下症
   
          投薬前                 投薬後

————————————————————————————————————————————

・甲状腺機能低下症とは
甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの欠乏によって引き起こされる疾患である。
甲状腺ホルモンはほぼ全ての臓器、細胞に対し代謝活性を促したり、分化増殖を亢進させる、体に欠くことのできないホルモンである。

・原因
①原発性甲状腺機能低下症
②二次性甲状腺機能低下症
③三次性甲状腺機能低下症
④先天性甲状腺機能低下症
以上の4つがあるが、95%以上が①原発性甲状腺機能低下症である。
①はさらに自己免疫疾患であるリンパ球性甲状腺炎と原因不明の特発性甲状腺萎縮の2つの病態に大別される。

・犬種
4~10歳における発生が多く、中型~大型犬に多い。
好発犬種としてはゴールデンレトリーバー、ビーグル、ドーベルマン、ミニチュアシュナウザーなどが挙げられる。

・症状
主訴としては元気消失、神経症状、動きが鈍くなった、運動を嫌がる、体重の増加、低体温、よく寝る、脱毛、皮膚の肥厚、難治性の皮膚炎など多岐にわたり、はっきりしないものが多い。

・診断
臨床症状およびスクリーニング検査結果から疾患を疑い、甲状腺機能検査によって診断する。
血液検査では高コレステロール血症や高トリグリセリド血症が最もよく認められ、軽度の貧血や肝酵素の上昇がみられることがある。
甲状腺機能検査ではサイロキシン(T4)、遊離サイロキシン(fT4)、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度を測定する。
甲状腺機能低下症ではT4、fT4の低下が認められ、ネガティブフィードバックによってTSHの上昇がよく認められる。

・治療
一度発症すると完治ができない疾患であるため、治療としては甲状腺ホルモンを生涯にわたって投与する必要がある。
投与量が多すぎると逆に甲状腺機能亢進症という疾患が引き起こされる可能性があるため、定期的に病院でホルモン値の測定や血液検査などを行い、適切な量で投与されているかチェックする必要がある。

・予後
適切な量のホルモン剤が投与されていれば予後はよい。

鼻腔内異物

症例: シーズー、雄、14歳
主訴:おやつを食べていたら、急に呼吸が苦しそうになった
院内検査:
身体検査:息を吸うのが辛そうな呼吸
レントゲン:鼻から肺にかけて明らかに閉塞するような病変は認められなかった

8758-1_CR_20150708_194524_[KC_CS3H_U001]_1_1 01

 

 

 

 

 

経過:
鼻腔内異物を疑ったが、年齢・状態を考慮しICUで経過観察を行ったが、睡眠障害が生じるレベルの呼吸困難で一般状態の悪化も見られた。そのため、麻酔下で内視鏡検査を行い明らかな異物を認めたため、これを取り除いた。異物除去後、睡眠障害もなくなり治癒した。

8758-1_ES_20150710_143340_[MTGW_358]_5001_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻腔内異物とは
臨床上問題となるのは外から見える鼻の穴から入った異物ではなく、食べたものがむせてのどから鼻の中に入ったものになります。
原因
比較的まれな病気ですが、短頭種での発生が多いようです。
診断
麻酔下での内視鏡検査
治療
内視鏡下での異物の除去
予後
鼻腔内の異物が取り除かれ、二次的な鼻炎が落ち着けば予後は良好

臍ヘルニア

今回はわんちゃん、ねこちゃんのデベソについて紹介します。若い子でお腹の中央あたりにポコンと柔らかいできものが認められたら、臍ヘルニア(デベソ)の可能性が高いです。押すとお腹の中に戻ることが多いのも一つの特徴です。

————————————————————————————————————————————

症例:年齢不明 雄 和猫
主訴:腹部より内部臓器が脱出している猫を保護したと来院した。
保護猫であるため齊ヘルニアによる便秘や嘔吐などの症状の有無、腹部内容の脱出原因は不明であったが何らかの症状がでる、感染症になる可能性や周囲の皮膚や組織の壊死が起こる可能性があったため齊ヘルニアの整復手術を行った。
経過:ヘルニアの整復は行われたため、便秘等の症状や感染症は見られず、現在は健康に過ごしている。

無題

無題2

無題3

————————————————————————————————————————————

・臍ヘルニアとは
いわゆるデベソのことである。腹腔内容(腸または脂肪)が臍(ヘソ)へと飛び出してしまうことである。

・原因
生後から成長に伴い閉じるべき臍の穴が閉じずに成長時してしまうことにより、その穴より腹腔内の臓器が脱出してしまうことによっておこる。また、齊の穴が閉じない原因については明らかではないが、遺伝性であるといわれており親に齊ヘルニアがあった場合は仔にもみられることが多いため注意が必要である。

・症状
齊ヘルニアの大きさはさまざまであり、デベソの状態になっている。
齊の中に脂肪が入っている場合は無症状だが、腸が入っている場合には食欲不振、嘔吐、便秘、腹部痛、元気がない等の症状がみられる。

・診断 
お腹を触ってデベソを確認する。

・治療
子犬のときにみられるものであれば齊ヘルニアは自然に閉じることがあるため無治療(経過観察)だが、成犬となってしまうと外科的にヘルニアの脱出物をお腹の中に戻し縫うことによって閉じる。

熱中症

今回は夏に多い、熱中症についての説明です。夏が来るとアスファルトから近いところでお散歩しているワンちゃん達は、私たち人間よりより強く太陽の熱をうけてしまいます。パグやシーズーなどの短頭種や黒い毛色のワンちゃんは特に熱中症に陥りやすいため、お散歩は早朝および日が沈んでから行うと良いでしょう。また、暑い家や車の中にわんちゃん、ねこちゃんを放置することで同様の症状が起こりますので、お出かけの際は気を付けてあげてくださいね!

————————————————————————————————————————————

症例:ブルドッグ ♂ 5歳 25kg
主訴:1時間前にトリミングしてから呼吸荒い、嘔吐と下痢が2回起きた
院内検査
体温:42.0℃
血液検査、レントゲン検査にては特記事項無し
経過
抗生剤と抗凝固剤の投与を実施。
第2病日に血小板の減少傾向が血液検査にて認められたが、その後回復。初日に体温が下がってからは一般状態も良好。第5病日に退院。

————————————————————————————————————————————

・原因
体に過度の熱が加わることで発生します。蒸し暑い日に車内や室内で留守番したり、暑い時間帯に散歩や屋外で過ごすなどすることで起きます。また短頭種の犬(ブルドッグ、パグ、ペキニーズ等)や北方が原産の犬(ハスキー、サモエド等)、太った犬、大型犬、心臓や呼吸器に基礎疾患のある犬が熱中症に罹患しやすいです。

・症状
開口呼吸、よだれを大量に流す、嘔吐、下痢、ふらつきなどがまず起こります。症状が進行すると失神、筋肉の震え、痙攣発作、吐血、下血、チアノーゼ、ショックなどが起こり命にかかわる病態に進行します。

1

 

 

 

  開口呼吸    よだれ    意識障害
 

 

5

4

   短頭種は熱中症をおこしやすい        大血管のある場所(頸、脇等)を冷やす
 

 
・診断
オーナー様よりの凛告と高体温、臨床症状などで診断をします。
症状により血液検査で腎数値や肝数値の高値、溶血による貧血、血小板減少などがみられることがあります。

・治療
 体温を39.5℃まで冷やすこと、静脈内輸液を急速に行うことで救急処置を行います。同時に利尿剤や抗生剤を皮下注射します。
 体温が下がっても意識が戻らなかったり、低体温、血小板減少症を起こす場合があり数日の入院が必要になります。

・予防
涼しい時間に散歩に行く、日陰を歩く、室内・車の中に一人で放置しない、いつでも冷たい水を用意しておくことなど体温を上げないことが大切です。

6
 
 
 

犬の前立腺肥大症

今回は去勢していないわんちゃんによく見られる病気の一つである、前立腺肥大症を紹介します。おしっこの出が悪い、うんちが平べったいなどの症状はこの病気でよく見られるものです。見落としのないように、愛犬を観察してあげてくださいね。

————————————————————————————————————————————

症例:ミニチュアダックス、雄、11歳
主訴:3か月前からの尿失禁、頻尿
院内検査:
身体検査―直腸内触診で前立腺の肥大が触知された
血液検査―特記事項なし
レントゲン検査・エコー検査―6.0×2.6㎝の肥大した前立腺が認められた
経過:
術前検査を行った後、全身麻酔下で去勢手術を行った。そのご尿失禁・頻尿などの臨床症状は消失した。

B00000002

B00000001

    前立腺肥大犬のX-ray               正常犬のX-ray

 

s

 

 

 

 
 
 
 
     前立腺肥大犬のエコー画像
————————————————————————————————————————————

・前立腺肥大症とは
去勢をしていない高齢の雄犬に一般的に認められる疾患で、精巣からのホルモン分泌異常により、副生殖腺である前立腺が肥大する病気です。

・原因
精巣で分泌される性ホルモン(アンドロジェンとエストロジェン)の不均衡によります。

・症状
前立腺の肥大により骨盤腔内の臓器(主に直腸や尿道)が圧迫され、排便困難や排尿困難、尿失禁を引き起こします。

・診断
直腸内触診、レントゲン、エコー検査により肥大した前立腺を確認できます。

・治療方法
内科治療:
精巣におけるアンドロジェン合成の阻害作用を示すホルモン剤を7-10日間経口投薬することにより、半年から1年の間前立腺が縮小します。
外科治療:
去勢により精巣で合成されるアンドロジェンがなくなるため、前立腺の縮小を望めます。

・合併症
前立腺の肥大に伴い、血液成分を貯留する前立腺嚢胞の形成や、前立腺に細菌が感染する前立腺炎という病態が起こりえます。後者の前立腺炎では膀胱炎などと同様に血尿を呈することがおおく、悪化すると前立腺に膿瘍を形成するため注意が必要です。