症例報告ブログ

犬の前立腺肥大症

今回は去勢していないわんちゃんによく見られる病気の一つである、前立腺肥大症を紹介します。おしっこの出が悪い、うんちが平べったいなどの症状はこの病気でよく見られるものです。見落としのないように、愛犬を観察してあげてくださいね。

————————————————————————————————————————————

症例:ミニチュアダックス、雄、11歳
主訴:3か月前からの尿失禁、頻尿
院内検査:
身体検査―直腸内触診で前立腺の肥大が触知された
血液検査―特記事項なし
レントゲン検査・エコー検査―6.0×2.6㎝の肥大した前立腺が認められた
経過:
術前検査を行った後、全身麻酔下で去勢手術を行った。そのご尿失禁・頻尿などの臨床症状は消失した。

B00000002

B00000001

前立腺肥大犬のX-ray               正常犬のX-ray

 

s

 

 

 

前立腺肥大犬のエコー画像
————————————————————————————————————————————

・前立腺肥大症とは
去勢をしていない高齢の雄犬に一般的に認められる疾患で、精巣からのホルモン分泌異常により、副生殖腺である前立腺が肥大する病気です。

・原因
精巣で分泌される性ホルモン(アンドロジェンとエストロジェン)の不均衡によります。

・症状
前立腺の肥大により骨盤腔内の臓器(主に直腸や尿道)が圧迫され、排便困難や排尿困難、尿失禁を引き起こします。

・診断
直腸内触診、レントゲン、エコー検査により肥大した前立腺を確認できます。

・治療方法
内科治療:
精巣におけるアンドロジェン合成の阻害作用を示すホルモン剤を7-10日間経口投薬することにより、半年から1年の間前立腺が縮小します。
外科治療:
去勢により精巣で合成されるアンドロジェンがなくなるため、前立腺の縮小を望めます。

・合併症
前立腺の肥大に伴い、血液成分を貯留する前立腺嚢胞の形成や、前立腺に細菌が感染する前立腺炎という病態が起こりえます。後者の前立腺炎では膀胱炎などと同様に血尿を呈することがおおく、悪化すると前立腺に膿瘍を形成するため注意が必要です。

胃拡張/胃捻転(GDV)

GDVは特に大型犬、超大型犬腫に起こりやすい疾患です。吐きたそうにするが吐けない症状、お腹の張りは要注意です。早食いすること、食後に運動することはGDVになりやすい要因となりますのでご注意を!
————————————————————————————————————————————
症例:12才 シェパード 雌
主訴:昼間までは元気であったが、夕方、大量に水を飲んだ後、元気がない。えずいたり、吐こうとしたりするができない。腹部の張りを認める。
X線検査:
胃内ガス抜去前-胃の重度拡張が認められる。加えて捻れている所見(棚状構造)も認められる。
胃内ガス抜去後‐胃内ガスがなくなり、胃の拡張は軽減されたが、それでもまだ胃内の大量の液体体貯留が認められ、捻転もしている。

GDV 図1

図2-2

胃内ガス抜去前               胃内ガス抜去後

 

治療:GDVと診断し、緊急的に胃の中のガスを針穿刺により、抜去をおこなった。その後、緊急手術を行った。開腹手術により、胃の捻れを整復し、再発防止のため胃壁を腹壁に固定した。同時に脾臓摘出も行った。手術後は嘔吐もなく、経過良好である。

————————————————————————————————————————————
・胃拡張/胃捻転(GDV)とは
過剰なガスにより胃が重度に拡張してしまうことによっておこる病気です。胃が拡張し、さらにお腹の中で捻れてしまうことがあります。発見が遅いと死に至る救急疾患であり、緊急手術が必要となります。GDVの死亡率は20〜45%と報告されています。

・原因
主に胸郭の深い大型犬や超大型犬で起こることが多いです。ほかにも、1回の食事で大量に食べる、速く食べる、食べた後の散歩・運動、高齢犬での発生が多いといわれています。

・症状
GDVが生じると、胃が重度に拡張・捻転しているため、嘔吐しようとするが何も出てこないことが多く、腹部の痛みが生じることがあります。胃が拡張・捻れることで、低血圧、ショック、消化管の壊死・穿孔が起こり、腹膜炎にまで発展することもあります。

・治療
低血圧などのショックの治療として輸液を行います。胃の減圧を行い、一般状態の改善を行います。開腹手術により、胃を切開し内容物・ガスの除去を行います。胃の整復、固定を行います。同時に脾臓の捻転も起こしている症例では、脾臓の摘出も行います。

角膜潰瘍

今回は目の病気で最も多い角膜潰瘍の話です。お散歩に行って帰ってきたら、眼をショボショボしている、目やにで目がくっついてしまって開かない!!なんて子は目の表面に傷がついている可能性があります。気を付けて下さいね!!

————————————————————————————————————————————
<症例>
症例は14才のミニチュア・ダックス、避妊済みの女の子です。昨日から急に左眼がショボショボしていると来院されました。
種々の眼科検査をしたところ、角膜表面に大きな傷ができていました。この子は老年性の白内障でほとんど目が見えない状態だったので、おそらくどこかに目をぶつけてしまったのでしょう。黄緑色に染まっているところが潰瘍になっている部分です(図1)。
フルオレ(+)
 

 

 

 

 

図1 フルオレセイン染色

ヒアルロン酸や抗生剤の点眼、抗生物質の内服で治療を開始しました。傷が深かったのでやや時間がかかりましたが、3週間後にはここまで回復しました(図2)。
フルオレ(-)3W後
 

 

 

 

図2 約3週間後

 

傷の修復のために結膜から延びてきた血管が残っていますが、徐々に消失していくと思われます。
————————————————————————————————————————————
角膜潰瘍とは、眼の最表面の角膜に傷が付く病気です。
症状として
・眼が赤い
・涙や目ヤニが多い
・眼をしょぼしょぼする、瞬きが多い
・目の周りを触らせなくなる
などがあります。
喧嘩などによる外傷、シャンプーや薬品が目に入ったなどが主な原因となります。
角膜染色(フルオレセイン)試験を用いて傷の有無や大きさを確認しますが、睫毛異常、神経の異常、角膜上皮障害、内分泌障害などの基礎疾患があると診断や治療が難しくなります。
比較的浅い潰瘍は抗生物質やヒアルロン酸などの点眼による局所治療で治りますが、角膜実質におよぶものはコンタクトレンズの装着、眼瞼縫合・瞬膜被覆術、結膜フラップ、角膜ディスク(A Cell Vet)などの外科的治療が必要な場合もあり、潰瘍が進行すると角膜に穴が開いて(角膜穿孔)失明することもあります。
角膜上皮が再生するのに要する期間(ターンオーバー)は約1週間なので、それ以上傷が治らない、あるいは短期間に潰瘍を繰り返す場合は要注意、詳しく検査をした方が良いでしょう。

「目が赤い」「目が痛い」などの症状を示す病気は角膜潰瘍の他にも多くの病気があり、なかには失明に至る病気もあります。
「ちょっと様子をみてから・・・」で手遅れになることもあります。
目の異常をみつけたら、できるだけ早く病院で診察を受けることをおすすめします。

乳腺腫瘍

今回は避妊していないねこちゃん、わんちゃんに多い乳腺の腫瘍の話です。わんちゃんの場合は50%が悪性と言われていますが、猫ちゃんでは80%以上が悪性で乳腺の腫瘍が原因でなくなってしまうこともあります。体を触っていつもと違うしこりがあったら一度見せに来て下さいね!

————————————————————————————————————————————
症例:Mダックス、雌、10歳
主訴:今朝お腹を撫でていたら、しこりを見つけた
院内検査:避妊をしていないこと、触診と針を刺したしこりの細胞検査から、乳腺腫瘍を疑った
経過:しこりが小さいことから、経過観察とした。数ヵ月後、急激に大きくなったため、外科的に切除した。

————————————————————————————————————————————
・乳腺腫瘍とは
乳腺腫瘍とは、乳腺にできた腫瘍のことです。生理の時に乳腺が大きくなるのと違い、皮膚の下に固いしこりができます。良性と悪性の2種類があります。

・原因
生理がくるたびに乳腺が大きくなることで、乳腺の腫瘍化する可能性が高くなります。

・症状
基本的に乳腺腫瘍だけで症状がでることはまれです。悪性腫瘍で肺に転移する場合、咳や呼吸が荒くなるなどの症状がでることがあります。腫瘍が大きくなると、腫瘍の表面から出血したり、細菌感染で調子を崩したりすることがあります。また、その時の臭いが一緒に生活する上で、問題になることもあります。

・診断
避妊をいつしたかが最も重要な情報です。また、乳腺腫瘍が疑わしくても、他の腫瘍を除外するために針を刺して、中にある腫瘍細胞を調べることもあります。

・治療方法
内科治療
内科的にできることは、腫瘍からの出血や細菌感染がある場合の管理のみです。いろいろな理由で手術をしない場合に選択する方法です。
外科治療
急速に腫瘍が大きくなり、悪性腫瘍が疑わしい場合は外科適応になります。もう、肺に転移が認められる症例でも、腫瘍からの出血や細菌感染で生活が難しくなる場合も、外科適応になります。基本的には、左右1列の乳腺腫瘍を丸ごと切除します。

食物アレルギー/アトピー性皮膚炎

今回は皮膚病の中でも治療に時間のかかる食物アレルギー、アトピーのお話です。これらの病気は一回の検査だけでは原因がわからないことも多く、長く通院が必要になることもありますが、根気強い治療が改善へとつながります。皮膚に何もできていないのに痒いみたい…若いのに痒みがなかなか引かない…なんて子は一度相談に来てみてくださいね!

————————————————————————————————————————————
≪症例1≫
症例:ミニチュアダックスフント、7歳
主訴:足先手先の痒み。脱毛、発赤、出血。
治療:
食事をアミノペプチドフォーミュラー(ロイヤルカナン)に変更しました。
皮膚の表面に付着している菌の種類を特定する為に培養検査を行い、抗生物質をのんでしてもらいました。
現在は、療法食のみで皮膚をきれいに保つことができています。

【初日】

2

1

【4か月後】

3

4

≪症例2≫
症例:柴犬、2歳
主訴:1才の頃よりの脱毛と痒み。慢性皮膚炎のため皮膚が黒く色素沈着をしていた。
治療:
アレルゲン特異的IgE検査、リンパ球反応検査、Del-f2抗原検査を行いました。
これらのアレルギー検査により、アレルミューンによる減感作治療を行うことになりました。
現在は、療法食と月1回の減感作治療で保つことができています。

【初日】

6

5

【4か月後】

8

7

————————————————————————————————————————————
・食物アレルギー/アトピー性皮膚炎とは
食物アレルギーとは食物に、アトピーとは主に環境物質に対し、さまざまな皮膚症状、消化器症状を示す疾患です。3歳以下で発症がみられることが多く。アトピー性皮膚炎の好発犬種は柴犬、シーズー、ウェスティーなどであり、食物アレルギー性皮膚炎の好発犬種はフレンチブルドック、シーズー、ダックスフンドなどです。

・原因
食物アレルギーでは牛肉、鶏肉、卵、小麦、乳製品など特定の食品を摂取することによっておこります。そのため、皮膚症状が発症した前後での食事の変更などは重要な情報源になります。アトピーでは環境中の特定物質に触れることによっておこり、花粉などに感受性がある場合は季節性が認められます。

・症状
特に目周囲、耳介、顎下、腋下、鼠径部、四肢末端、肛門周囲の発赤、痒み、脱毛が認められます。

・診断
外貌の観察、皮膚検査により細菌、真菌、外部寄生虫の感染がないことを確認します。
食物アレルギーを疑う場合にはアミノペプチドフォーミュラー(ロイヤルカナン)などの食物抗原が少ない食事を与えてもらい経過を観察します。
アトピー性皮膚炎を疑う場合には血液検査(アレルゲン特異的IgE検査、リンパ球反応検査など)でどんな物質に対し、アレルギー反応を起こすかを調べることができます。

・治療方法
食物アレルギーの治療方法は原因となる食物を与えないようにし、それが不可能な場合には免疫抑制剤を併用します。
アトピー性皮膚炎の治療方法としては根本的な治療となる減感作療法や免疫抑制剤、二次感染予防のためのスキンケアシャンプーの併用などが推奨されます。

膀胱結石

今回は尿石のお話です。特に雄のねこちゃん、わんちゃんでは尿道に石が詰まって尿が出なくなることがありますので、すぐに病院に来てあげてくださいね!

————————————————————————————————————————————
症例:パピヨン、去勢雄、8歳
主訴:2~3日前から排尿困難、血尿。
検査:
X線検査‐の画像(黄丸)で示すように膀胱内と尿道に結石が認められた。
治療:
来院時に排尿困難が認められ、X線検査で示すように尿道を結石が塞いでいたため、尿道カテーテルで尿道結石による閉塞を解除したのちに、膀胱を切開し結石を摘出した。
現在、排尿障害、血尿は認められず経過良好である。
B00000001 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

————————————————————————————————————————————
・膀胱結石とは
膀胱結石とは尿石症の一つで、膀胱に結石を形成した病的状態である。

・原因
結石成分の過飽和状態、尿pH、結晶核の存在等が挙げられるが、体質によるところが大き
い。特に犬においてもっとも一般的な尿石症であるストルバイト ( リン酸アンモニウムマ
グネシウム ) はウレアーゼ産生菌の感染が結石形成の重要な要因である。

・症状
血尿、頻尿、排尿困難などの膀胱炎症状などが考えられる。

・診断
身体検査所見と尿検査に合わせ、X線検査または超音波検査が必要である。

・治療方法
内科治療:
結石の種類やサイズ、性別にもよるが、主に療法食による利尿促進と抗生剤による感染のコ
ントロールが中心である。

・外科治療:
膀胱結石が大きい場合や結石が食餌療法で溶解困難な場合、雄の尿道に閉塞している場合
は外科的な治療が必要となる。外科処置としては尿道から膀胱に結石を押し戻すような処
置 ( フラッシュ ) や膀胱切開である。

糖尿病

今回は人間でも有名な糖尿病についての紹介です。なんと、ねこちゃんもわんちゃんも糖尿病になるんです!!最近餌をガツガツ食べる割に痩せてきたなどの症状がある子は一度血液検査に来てみてくださいね!

————————————————————————————————————————————

症例:和猫、年齢不明
主訴:最近、急激に痩せてきて、ぐったりしている。
検査:血液検査・尿検査から糖尿病であり、さらにケトアシドーシスの状態である可能性が高いことが分かりました。
治療:
入院治療により夜間も含めた徹底的なインスリン治療、血管輸液、根気強い補助給餌などを実施しました。徐々に全身状態が回復し、自分から食事をとれるようになりました。現在では、食事の際にインスリン注射を打つことで安定した血糖値を維持することができるようになりました。
入院時2.7kgと痩せ細った体が、現在では6kg以上の体重にまで戻り、元気も取り戻しています。

治療前

治療後

治療前                 治療後

————————————————————————————————————————————
・糖尿病とは
インスリンが出なくなる、または出ていても効かなくなることで起こる病気です。インスリンは、血液中の糖を細胞に取り込ませ利用させるホルモンです。そのため糖尿病では血糖値が異常に上昇する一方、細胞のエネルギー不足を起こします。

・原因
インスリンが出なくなるⅠ型糖尿病と、出ていても効かなくなるⅡ型糖尿病があります。
Ⅰ型は犬で多く、免疫疾患・遺伝性の要因・慢性膵炎「などの原因があります。
一方、Ⅱ型は猫で多く、肥満や食事要因によって引き起こされることが多いです。
また内分泌疾患や、薬剤などの影響で起こることもあります。

・症状
食欲は増えているが急激に痩せてくる、水を大量に飲む、白内障などの症状が起きます。
また症状が進行すると、細胞の重度のエネルギー不足を補うために脂肪の分解が急激に起こりケトアシドーシスといわれる病態を引き起こします。ケトアシドーシスが起こると重度の脱水、全身状態の悪化が起こり死に至ることもあります。

・診断
血液検査による高血糖や、尿検査による尿糖の確認が有効です。また糖尿病をおこす基礎疾患がないかなど他の検査を実施して判断することも多いです。
その他では持続性の高血糖があるか外注検査を実施する場合もあります。

・治療方法
ネコの糖尿病で軽度の場合は食事療法、ダイエット、薬などでコントロールできるケースもあります。しかし、多くの症例ではインスリン療法が必要になります。
またケトアシドーシスで全身状態が悪い場合は入院治療による、徹底的な血糖値管理や血管点滴が必要になります。当院ではケトアシドーシスの際のインスリン治療は夜間も通して実施されることもあります。

脊髄梗塞

今回は脊髄梗塞というあまり耳慣れない病気についての紹介です。MRIによってほかの疾病との鑑別や予後の予測をすることができます!

————————————————————————————————————————————

症例:イタリアングレーハウンド、7歳
主訴:突然の右後肢麻痺、痛みはない
レントゲン検査‐特記事項なし
CT検査‐明らかな圧迫病変を認めない
MRI検査‐胸腰部の脊髄実質にT2強調画像にて高信号、T1強調画像にて等信号、造影T1強調画像にて増強を認めない所見を認める
仮診断:脊髄梗塞
治療経過:3日後には右後肢の臨床症状の改善を認めた。その後無治療にて2週間後に歩行可能となった

【CT検査】

1

2

脊髄造影前                   脊髄造影後

【MRI検査(T2強調画像)】

3

4

————————————————————————————————————————————
・脊髄梗塞とは
脊髄梗塞は脊髄血管内の塞栓による急性虚血性脊髄障害である。

・原因
脊髄梗塞は線維軟骨塞栓症(FCE)が最も一般的な原因である。他にも血栓症や脊椎・脊髄腫瘍による局所の脊髄血管障害、寄生虫や異物の脊髄血管迷入などが原因となるが、FCE以外の原因による脊髄梗塞はきわめてまれである。

・犬種
どの犬種・猫種でも起こりうるが、若齢から中齢の大型犬、ミニチュアシュナウザー、Mダックスフンド、シェットランドシープドック、ハウンド系に好発する。

・症状
一般的には急性発症(発症後一時的な悪化がある場合もある)。その後は改善傾向あるいは非進行性という臨床経過をたどる。発症時のみに悲鳴をあげたり、発症からほんの数時間の間だけ疼痛を示す場合があるが、一般的には無痛性である。発症時には一肢または片側前後肢の跛行を示す。24時間以降に症状が進行することは脊髄軟化症に進行する例を除き極めて稀である。

・診断
シグナルメント(犬種・年齢)や臨床症状(急性発症・無痛性・非対称性の神経学的異常・治療経過で改善傾向を伴う)、画像診断(レントゲン・CT・MRI)で行われる。特にMRIの画像診断は本疾患の診断に有効である。

・治療
得意的な治療法はない。発症直後であれば脊髄浮腫などの二次的な変化に対してプレドニゾロンの投与が有用であるかもしれないとの報告もある。

・予後
重症度にもよるが一般的に歩行回復への予後は良好である。

骨折

今回は骨折のお話です。小型犬や幼齢の動物は人間の膝ぐらいからの高さから落下しても、骨折してしまうことがあります。ジャンプした後に足を地面につかないなどの症状があったらぜひご相談ください!

————————————————————————————————————————————

症例:トイプードル、雄、3歳
主訴:ベッドから飛び降りた後から足をあげるということを主訴に来院
院内検査:
身体検査―前腕の居城が認められた
レントゲン検査―右の橈骨・尺骨骨折が認められた
経過:
来院日は、足を上げ骨折している足に体重をのせることができなかったが、骨折した足をプレートで固定した後、レントゲン写真で示すように、骨同士がくっついてき、骨折した足に体重をのせて歩くことができるようになっている。

【来院時のレントゲン写真】

骨折1

 

骨折2

 

【手術直後】

骨折3

 

骨折4

 

【4か月後】

骨折7

 

骨折8

 

————————————————————————————————————————————

・骨折とは
骨に対しある一定方向に大きな力が加わることで骨がはがれたり、折れたり、粉砕してしまった状態を示します。

・原因
落下や衝突によって大きな力が体に加わることや骨の腫瘍や体内の代謝、疲労などによっておこる。

・症状
損傷を受けた骨の部位を庇うしぐさ(例えば、足を引きずる)が見られたり、受傷部位を触ると痛そうに鳴いてしまう。
そのほかに、元気や食欲の低下、発熱がみられる。

・診断
視診による歩行異常
触診による熱感の確認
X線検査による骨の連続性の確認

・治療
【内科】
鎮痛剤による保存療法

【外科】
非観血的整復:副木や包帯を用いて固定

観血的整復:骨をプレートやピン、ワイヤーで直接固定

椎間板ヘルニア

今回は人気犬種のダックスフンドやペキニーズに多い病気を紹介します。若い子でも罹患する病気ですので、ダックスフンドを飼っているかたは頭の片隅に覚えておいてくださいね。

————————————————————————————————————————————

症例:Mダックス、雌、8歳
主訴:今朝から突然後肢が動かない
院内検査:
神経学的検査―姿勢反応の低下(後肢の麻痺)
血液検査―特記事項なし
レントゲン検査―特記事項なし
経過:
内科治療を行うものが、臨床症状の改善がめられないため、椎間板ヘルニアを疑い麻酔下でのMRIおよびCT検査を実施。その後椎間板ヘルニアの手術を実施した。

【MRI検査画像】

1

2

椎間板ヘルニア               正常像

 

【CT検査画像】

3

4

椎間板ヘルニア               正常像

 

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椎間板ヘルニア手術後

 

【手術後のリハビリ器具】

画像6

画像7

鍼治療               レーザー治療

 

————————————————————————————————————————————

・椎間板ヘルニアとは
椎体と椎体の間に存在する椎間板物質が逸脱し、背側の脊髄を圧迫することにより発症します。遺伝的に軟骨が弱い犬種、運動や外傷に伴い椎間板の髄核が逸脱することや(ハンセンⅠ型)、加齢に伴う線維輪の変性(ハンセンⅡ型)によって発症します。

・症状
麻痺・疼痛・活力の低下・排尿障害・排便障害などが考えられます。

・診断
患者の臨床症状・神経学的検査・レントゲン検査(稀ですが)・麻酔下にてCT検査・MRI検査を行い診断されます。

・治療方法
内科治療:
症状が比較的軽度(軽度の麻痺、疼痛のみ)の場合はプレドニゾロンを主体とした疼痛管理で様子を見ることもあります。

外科治療:
症状が重度(歩行困難・痛覚の消失・重度の疼痛)である場合は外科適応となります。