症例報告ブログ

しらみ

今回は動物の体に住みついてしまうむしについてです

 

シラミ症・ハジラミ症とは、皮膚や被毛へのシラミ・ハジラミの外部寄生のことを言います。動物では特に猫に多く認められ、黒猫の場合は被毛に卵がついている様が観察できますが、淡い毛色の場合は見つけにくいことも多いです。

 

・原因

シラミ・ハジラミに感染している動物への接触。犬から犬へ、猫から猫への感染は頻繁に起こりますが、動物種を超えての感染は稀です。

 

・症状

まったく無症状の個体から、ひどい痒みを伴う症例までいます。黒い被毛の動物では肉眼で虫卵を確認することが可能です。

 

・診断

セロハンテープに被毛を接着させ顕微鏡で観察することで、容易に診断が可能です。

 

・治療方法

フロントラインなどの塗り薬が有効ですが、治療までに時間がかかるので、多数寄生している場合は毛刈りをお勧めすることもあります。また、感染した動物の寝場所は清潔に保つことが必要になります。

 

 

・症例

症例:

和猫  3ヵ月

主訴:

今朝道端で見つけたので、健康診断をしてほしい

検査:

視診により、被毛にハジラミの卵がついているのが観察された。

治療:

感染範囲が広いことから毛刈りを実施し、フロントラインを使用したところ、無事に駆除することができた。

%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%bf

副腎皮質機能亢進症

脳の視床下部、もしくは副腎の腫大によりホルモンが過剰に分泌される病気で様々な症状を示し、その他の病気の悪化につながる病気です。

 

症状

多食、多飲・多尿、腹囲膨満、左右対称性脱毛など症状は様々である。

合併症として糖尿病、血栓症などがあり、命に関与することもある。

 

診断

血液検査(肝酵素の上昇、高コレステロールなど)レントゲン(肝腫大)、エコー検査(副腎の腫大)、尿検査(低比重尿)などの一般的な検査とACTH刺激試験や低用量デキサメサゾン試験などの検査と組み合わせることによって診断する。

 

治療

副腎の摘出を行う、もしくは副腎ホルモンの放出を抑制する薬剤によるものである。

 

 

 

 

症例 ミニチュアダックスフンド 雌

主訴1ヶ月前から脱毛が見られてきた。

全身状態としては、全身の脱毛、皮膚の非薄化が見られた。

後日、血液検査を実施したところ肝臓の数値が大幅に上昇していたため

さらにACTH刺激試験にて異常が検出されたため、薬の投薬を開始した。

投薬開始後は、発毛が認められるようになり、肝臓の数値の改善が認められた。

現在は皮膚の状態は良好で、肝臓の数値も良い状態である。

 

来院時       1か月後      2か月後      3か月後

%ef%bc%91

%ef%bc%92%ef%bc%93%ef%bc%94

犬の肥満細胞腫

犬の肥満細胞腫は主に皮膚または皮下に発生する腫瘍で、犬の皮膚腫瘍の7~21%を占め最も多い。

 

原因 一般に細胞が腫瘍化するのは細胞の多くの分子機構の異常が関与している。

肥満細胞腫ではc-KITという遺伝子の変異が腫瘍化に大きく関与しているとされている。

 

症状

肥満細胞腫の多くは皮膚に孤立性の腫瘤を形成し、中には潰瘍を伴うものもある。

皮下の肥満細胞腫では触診では脂肪腫と誤診されることもあるため、皮膚の腫瘤を発見した場合は常に肥満細胞腫の可能性を考えなければならない。

また、肥満細胞はヒスタミンやヘパリンなどの生理活性物質を細胞内に含み、これが放出されることで消化管潰瘍がおき、嘔吐や下痢、食欲不振の原因になることがある。

触診などの物理的な刺激によってもこれらの物質が放出され、腫瘤周囲に内出血や紅斑が生じる事があり、これをダリエ徴候と呼ぶ。

 

診断

肥満細胞は特徴的な細胞の見え方をするため、腫瘤に針を刺し細胞をとること(FNA検査)で診断がつくことが多い。肥満細胞腫はFNAで確定診断ができる数少ない腫瘍の一つである。

 

治療法

基本的には外科的に切除することが第一選択である。外科切除後に病理検査の結果に基づいて、悪性度が高い場合には術後放射線治療や抗がん剤などを行う。

また、腫瘍のサイズを縮小させたり、腫瘍の増殖を抑制する目的でコルチコステロイドの投薬が行われることがある。

 

予後

病理組織検査において組織学的悪性度が決定される。

組織学的悪性度はPatnaik分類とKiupel分類がある。古くからPatnaik分類が行われてきたが、臨床上解釈が難しいことがあり、Kiupel分類による予後予測を提唱している。

Kiupel分類 低グレード 1年生存率95%、死亡率4.5%

高グレード 1年生存率24%、死亡率75%

 

 

症例

犬種:ラブラドールレトリバー

雌雄:メス

体重:29kg

主訴:健康診断にて右前肢に直径2㎝大の結節状病変が触知された。

診断:FNA検査にて肥満細胞腫と診断。

治療:コルチコステロイドにより腫瘍を縮小させた後に外科手術により切除を行った。

病理組織検査において右前肢の肥満細胞腫は完全切除されており、悪性度が低いと診断された。そのため術後の補助治療は必要ないと判断され、経過観察となった。

 

右前肢に発生した肥満細胞腫  細胞質に顆粒を含んだ肥満細胞腫%ef%bc%91

 

%ef%bc%92

ネコ伝染性鼻気管炎

ネコに多い病気の一つです。

外見上に明らかな変化を伴うためよく気づくとは思います。

 

 

・ネコ伝染性鼻気管炎とは

ネコ伝染性鼻気管炎とはネコヘルペスウィルスの感染によって起こる伝染性の「かぜ」である。

 

・原因

ネコヘルペスウィルスによって引き起こされる。鼻汁や目やにに含まれるウィルスを直接や吸入することにより感染が起きます。ストレス、栄養不良、多頭飼育、免疫抑制をかける薬剤の投与などがあると症状が起きやすくなると言われています。

 

・症状

症状として多いのはくしゃみ、鼻汁、結膜炎などです。しかし重症例では発熱、食欲不振などの症状が見られます。

 

・診断

結膜炎や鼻汁などの臨床所見から病気が推測されることが多いです。

確定的にはウィルスの遺伝子検査などが実施されるケースもあります。

 

・治療方法

二次感染に対する抗生剤の投与や高ウィルス作用のあるインターフェロンなどの投与を行うことが多いです。

また鼻汁のひどい症例ではネブライザーによる吸入を行います。

また食欲がない症例には点滴や、食欲増進剤などの補助療法を行います。

結膜炎については点眼と、重度の場合結膜の癒着を起こすため癒着の剥離なども必要です。

 

・予防

ワクチンの接種が予防に効果的です。

____________________________________・症例

症例:和猫  約2か月齢

主訴:目やにと鼻汁で倒れている野良猫を保護

検査:身体検査所見よりネコ伝染性鼻気管炎の可能性が高いと診断。

また重度の栄養不良もあると推測された。

治療:抗生剤やインターフェロンの投与。鼻汁に対してはネブライザーによる吸入。

徹底した洗眼と点眼。適切な栄養管理。

これらの治療で全身状態が著しく回復した。

治療前   重度の結膜炎と鼻炎が認められる

1

治療5日目  やや症状が改善

2

治療10日目  軽度の結膜炎以外は症状がほぼ改善

3

ネコのワクチンについて

今回はネコと一緒に生活する上で大切なことであるネコのワクチンについて
1

・猫のワクチンの種類

猫のワクチンには何種類かの病気を同時に予防できる混合ワクチンと、ネコエイズを予防する単剤のワクチンがあります。

①混合ワクチン

混合ワクチンは感染症の中でも致死率の高いウイルス感染を予防するためのワクチンです。猫では3種混合、6種混合、7種混合ワクチンがありますが、3種混合ワクチンに含まれているウイルス(下記の1-3)は、猫で一般的に認められるウイルスのため室内外の猫でも接種する必要があります。

  1. 猫ウイルス性鼻気管炎
  2. 猫カリシウイルス感染症
  3. 猫汎白血球減少症
  4. 猫白血病ウイルス感染症
  5. クラミジア感染症

また、6種混合ワクチンには3種混合ワクチンに加えて猫白血病ウイルス感染症のワクチンが、7種混合ワクチンではさらにクラミジア感染症のワクチンが含まれています。飼育している猫が室内飼いか否かでも接種するワクチンは異なってきますので、獣医師と相談の上決定しましょう。猫の混合ワクチンは生後2か月目、3か月目に2回接種し、その後は一年ごとに接種していきます。

2

 

 

②単剤ワクチン

猫の単剤ワクチンとしては猫免疫不全感染症(通称猫エイズ)を予防するワクチンがあります。猫エイズは猫同士の喧嘩で主に感染する病気で、人間のエイズの様に免疫力の低下が起こる病気です。そのため屋外飼育、室内飼いだが外にも出る猫、同居猫に感染猫がいる場合などにワクチンの接種を勧めています。猫エイズのワクチンは混合ワクチンと接種時期をずらし、初回に2-3週間ごとに3回接種し、その後は一年ごとに接種を行います。

3

 

 

・ワクチンの副作用について

ワクチンには種類に関係なく副作用の可能性があります。一番危険なのはアナフィラキシーショックという接種後30分以内に起こる反応であり、時に致死的です。数千から一万件に一件ほどの低い割合で起こる副作用ですが、初めてワクチンを打つ場合は接種後の数十分は病院の近くにいるなどの対処法をとることができます。他にも、顔の腫れ(特に目の周り)、嘔吐、下痢や免疫疾患などを起こす個体が存在します。また、猫ではワクチン誘発性の腫瘍があることが知られています。注射部位にしこりがある場合は、慌てずに動物病院に来てください。

 

 

 

 

3 / 1012345...10...最後 »