症例報告ブログ

会陰ヘルニア

今回は去勢していないわんちゃんによく見られる病気の一つである、会陰ヘルニアを紹介します。去勢を行わなかったことにより罹患しやすくなる疾患は数多くありますが、最近便の出が悪いのよね…というワンちゃんは注意して下さいね!

————————————————————————————————————————————

症例:Mダックス、未去勢雄、12歳
主訴:最近、便が出づらい。気張っている。
検査:
直腸検査、レントゲンにて直腸が筋肉の間にの出ているのを確認
治療:
外科手術にて、筋肉の隙間をメッシュで塞ぎ、同時に去勢手術、直腸を腹壁に縫い付け固定した。
術後より排便の状態は良好である。

オペ前

オペ後

術前画像                 術後画像

————————————————————————————————————————————

・会陰ヘルニアとは
会陰ヘルニアは、お尻付近の筋肉が緩むことによって、腹腔内の臓器が緩んだ筋肉の隙間から出てくることを言います。そのため、お尻の横が膨らんだような状態になります。
出てくる臓器は腸が多いですが、膀胱・前立腺などが出てくる場合もあります。

・原因
筋肉の緩みに男性ホルモンが関与していることが分かっており、多くは未去勢オスで発生します。また、よく吠えてお腹に力を入れる子などは起こりやすいということも指摘されています。

・症状
出てくる臓器によって、便が出ない、きばる、おしっこが出ないなどの症状がでます。
おしっこが出ない場合などは命にかかわることもあります。

・診断
外貌の観察、直腸検査、レントゲン検査、エコーなどで出ている臓器の確認をします。

・治療方法
外科治療:
多くは外科が必要になることが多いです。外科では緩んだ筋肉の間をふさぎます(当院では金属製のメッシュを使うことが多いです)。また同時に去勢手術と、脱腸を防ぐため腸を腹壁に縫い付ける直腸固定も同時に行われることが多いです。
内科治療:
便が出ない症例では便を柔らかくする薬や、外から押して便を出してあげる処置などがありますが、内科治療だけでは限界があることが多いです。

子宮蓄膿症

今回は避妊していないわんちゃんで良く見られる病気です。特に整理が終わってから1~2か月の間に多いので、愛犬の生理の日はちゃんと記録しておきましょうね!避妊もとっても大事です!!

————————————————————————————————————————————

症例:ヨークシャーテリア、雌、10歳
主訴:食欲の低下と陰部からの出血を主訴に来院
院内検査:
身体検査―発熱39.8℃を認めた。また両眼結膜の充血が認められた。
血液検査―白血球の増加と、炎症数値の上昇が認められた
エコー検査・レントゲン検査-内腔に液体を貯留した、腫大した子宮がみられた
経過:
外科的に子宮摘出術を行った。1週間入院後、元気・食欲は回復した。

子宮蓄膿症

 

 

 

 

 

 

 

 

————————————————————————————————————————————

・子宮蓄膿症とは
子宮腔内に膿汁が貯留したもので、閉鎖性と開放性の二型がある。まれではるが、卵巣子宮摘出術実施後に子宮断端に蓄膿症を生じることがある。

・原因
① 年齢、発情周期、産歴
6歳以上で、発情後1~2か月の発情休止期に発生。繁殖を繰り返している犬には発生しない。
② 内分泌的要因
発情後(エストロジェンで感作された後)の黄体期(プロジェステロン影響下)に発生する。
③ 細菌感染
膿汁からさまざまな細菌が検出されているが、80%以上は大腸菌である。肛門や外陰部からの常在菌の経腟感染が考えられている。

・症状
さまざまであるが、急性例では1週間ほどで重篤となるため、迅速な治療が必要である。代表的なものを以下に示す。
1. 元気消失、食欲低下または廃絶
2. 多飲多尿
3. 嘔吐および脱水
4. 腹部膨満・下垂
5. 黄褐色~暗赤色の膿の排出
6. 外陰部の腫大

・診断
① 腹部の触診により腫大した子宮を触知できる場合がある
② 血液検査で白血球の増加と好中球の左方移動、CRP上昇
③ 膣スメアで大量の好中球と細菌を確認
④ Xrya、エコー検査にて子宮の腫大と子宮内溶液の確認
⑤ 罹患した子宮の摘出によって確定診断

・治療
外科的療法と内科的療法があるが、救命率が高いのは外科的療法である。
①外科的療法
卵巣子宮摘出術
腹膜炎併発時には、腹腔ドレーンを留置する。術後抜糸までは抗生剤投与を続ける。

②内科的療法
PGF2α製剤と抗生剤の投与。

・予防
繁殖に供しない場合は、早期に避妊手術を行う。

猫下部尿路疾患(FLUTD)

今回は雄猫の緊急疾患にもなりうる病気を紹介します。尿は体の老廃物も一緒に出してくれているので、毎日出ていることをちゃんと確認してあげてくださいね!

———————————————————————————————————————————-

症例:和猫、去勢雄、6歳
主訴:ここ2~3日尿の出が悪い、元気食欲低下
院内検査:
触診検査―緊張した膀胱と尿で汚れた陰茎を確認。
血液検査―腎数値高値を認めた
経過:
すぐにカテーテルにて導尿し、膀胱洗浄を行った。その後、オーナーとの話し合いにより入院下で一般状態や血液検査での腎数値のモニターを行った。一時退院したが再発を2度繰り返したため、外科的に尿道を拡張する手術を行った。手術後、輸液や尿導カテーテル留置などの入院治療を1週間行い退院した。その後は排尿は順調で数カ月に1回の尿検査に通っている。

————————————————————————————————————————————

・猫下部尿路疾患とは
猫に生じる泌尿器系疾患の総称のことを差し、その多くは特発性に起こることが多いです。

・原因
特発性膀胱炎、尿石(ストルバイト尿石、シュウ酸カルシウム尿石)、尿道栓子によって発症することがほとんどです。

・症状
頻繁にトイレに行くのに尿が出ない、排尿時の痛みで鳴く、トイレ以外の場所で排尿する(不適切な排尿)、血尿など、膀胱炎の症状が現れます。
無題2

 

 

 

 

 

 

・診断
尿検査での結石の検出、緊張した膀胱の触診。血液検査にて腎数値の高値。レントゲン検査にて尿結石の陰影など。
無題1無題

・治療
尿道が尿道結石や尿道栓子で閉塞している場合には緊急処置が必要となります。カテーテルを用いて尿道の閉塞を解除し、膀胱内を洗浄します。尿道閉塞を起こしてから時間がたって急性腎不全に陥っているようであれば、その治療も並行して行っていきます。尿道閉塞を何度も繰り返しているケースでは、尿道を広げる手術が行われることもあります。
膀胱内に尿結石がある場合は、結石の種類によっては外科手術による摘出手術が行われたり、食事療法や輸液療法などの内科的治療で結石を溶解させたりします。細菌感染によるものでは、抗生剤による治療が行われます。

去勢・避妊手術

今回の症例ブログでは、ねこちゃんわんちゃんの去勢・避妊手術について簡単な説明をします。
症例などはありませんが、多くのオーナーさんが一度は考えることだと思うので、気軽に目を通してくださいね!

————————————————————————————————————————————

【去勢手術とは】

去勢手術は精巣を摘出する手術です。個体差はありますが、犬では6~12ヶ月、猫では9ヶ月で性成熟します。そのためこれよりも早期に去勢手術を行うことが望ましいです。

精巣は最初お腹の中にありますが、通常犬では生後30日、猫では生後20日で陰嚢内に精巣が降りてきます。しかし希にこの精巣が降りてこないことがあります。その場合精巣が腫瘍化する可能性が高くなるため、行動に問題がなくても去勢手術を行うことが好ましいです。

 

・去勢手術のメリット

犬では去勢手術を行うことでマーキングやマウンティング、一部の攻撃行動などの問題行動が改善する可能性があります。猫ではマーキングや攻撃行動が改善することがあり、外に出る猫では喧嘩により伝播する猫白血病ウイルスや猫エイズウイルスの感染リスクを間接的に低下させることができます。また前立腺疾患や精巣の腫瘍の発生を予防することもできます。

 

 

【避妊手術とは】

一般的に犬や猫は6~8ヶ月で性成熟を迎えます。大型犬は小型犬に比べ生成塾が遅いです。避妊手術は卵巣、子宮を摘出することで永久的な避妊を目的として行います。避妊手術は6~7ヶ月齢以降から可能で、初回発情が来る前に行う方が好ましいです。また犬は生理後約2ヶ月の間、妊娠していなくても偽妊娠という状態になり、子宮につながる血管が太くなり術中の出血のリスクが高くなるため避妊手術は行いません。

 

・避妊手術のメリット

避妊手術を行うことで妊娠のリスクをなくすだけでなく、発情中のストレスをなくし、卵巣・子宮の腫瘍や乳腺の腫瘍、子宮蓄膿症の発生を予防することができます。

 

【去勢・避妊手術のデメリット】

性ホルモンは代謝に関与するため、去勢・避妊手術を行うと生体の必要カロリーが減少します。そのため手術後に術前と同じ食事管理を行っていると肥満になることがあります。

 

 

猫の慢性腎不全

今回は猫ちゃんに最も多く認められる、腎臓の病気のお話です。15歳以上の猫の約3頭に1頭はこの病気にかかっているといわれています。お年だからかな?最近痩せてきた…おしっこの色が薄くて沢山でるなんてことはありませんか?

————————————————————————————————————————————

症例:和猫、雄、12歳
主訴:食欲低下を主訴に来院
院内検査:
血液化学検査で尿素窒素(43.2mg/dl)、クレアチニン(mg/dl)の高値を認めた。
経過:
2週間に一回の皮下点滴を開始。
またフードを腎臓用の処方食に替え、ACE阻害薬の投薬を開始。
2か月後からBUN(39.2mg/dl)およびクレアチニン(1.7mg/dl)の低下を認め、食欲の低下も改善された。
現在,皮下点滴通院はしておらず、療法食およびACE阻害薬による治療のみで、2か月毎に腎数値のモニタリングを行っている。

————————————————————————————————————————————

・慢性腎不全とは
慢性腎不全(Chronic Kidney Disease:以下CKD)は腎臓を構成するネフロンという組織が徐々に破壊されていき、腎臓全体のろ過機能が低下する疾患です。長期(3か月以上)持続する腎臓のダメージ、または糸球体ろ過量の50%以上の障害を慢性腎不全と定義します。

・原因
様々な原因(遺伝性、先天性、ウイルス、細菌、中毒、腫瘍、糖尿病、腎炎等・・)が考えられており、明確にすることは難しいとされています。

・症状
水をよく飲む、おしっこの回数・量が増えた、体重が減ってきた、食欲・元気がなくなってきた、吐き戻す、毛づやが悪くなってきた等の症状が認められる事が多いです。

・診断
臨床症状、身体所見、尿検査(尿比重の低下)、血液検査(貧血、尿素窒素やCreの増加)、レントゲン検査・超音波検査(腎臓の萎縮)などから総合的に診断します。

・治療方法
一度破壊された腎臓の組織は元には戻らないため、慢性腎不全を完全に治すことはできません。しかし食事の改善や、お薬などで病気の進行を抑えることはできます。
治療としては内科治療となります。

1食事療法(タンパク制限、リン制限、Na制限、脂肪増量(ω-3)、ビタミンD増量)
慢性腎不全用の療法食を使用した猫としていない猫とでは生存期間中央値が633日、264日と約1.5倍の差があったとの報告があります。

2.脱水の補正
脱水は腎不全への進行の大きな要因となります。軽度の場合は通院や自宅における皮下点滴を行いますが、重度の場合は入院をして血管内点滴を行い脱水の補正を行います。

3.高血圧
慢性腎不全の合併症として高血圧が認められる事があります。高血圧は腎臓を傷つける可能性があるため、血圧を下げるお薬を処方する場合があります。

4その他
慢性腎不全に伴い、高リン血症、低K血症、貧血、嘔吐などが認められる場合があります。その場合は、それぞれに対して注射やお薬などを処方し、治療・補正を行います。

胆嚢粘液嚢腫

今回は高齢のわんちゃんで見られる病気の紹介です。いつもよりご飯の食べが悪い…なんとなく元気がない…なんてことが長く続くと要注意ですよ!

————————————————————————————————————————————

症例:ポメラニアン、避妊雌、13歳
主訴:元気・食欲がない、嘔吐
院内検査:
血液検査―肝酵素上昇、血中ビリルビン値上昇、炎症数値上昇
超音波―胆嚢内高エコー
経過:
外科的に胆嚢摘出を行った。1週間入院後、元気・食欲は回復。利胆剤の内科的治療を継続し、2~4週おきに定期的な血液検査を行っている。

あああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胆嚢のエコー画像
(通常胆嚢の中には液体が入っているためエコーでは黒く見えるが、この画像では一部が白い。)

————————————————————————————————————————————

・胆嚢粘液嚢腫とは
胆嚢粘液嚢腫とは、胆嚢内に流動性のない粘液(胆泥)が蓄積し胆嚢が拡張している病態を示します。胆嚢の拡張が重度となり胆嚢壁への血液不足が起きると壊死・破裂し、内容物が腹腔内に流出することで胆汁性腹膜炎が生じると考えられます。

・原因
原因として脂質代謝異常症、胆嚢の運動性低下、副腎皮質機能亢進症、甲状腺機能低下症、消化管の炎症や運動性異常などが関係しているとされていますが、正確な発生機序は明らかではありません。

・症状
元気・食欲低下、腹部疼痛、嘔吐、黄疸など

・診断
特異的な症状があるわけではないため、他の疾患との鑑別が必要となります。本疾患の診断に有効なのは超音波検査です。超音波検査では胆嚢内壁に沿って低エコー性に(黒く)見え、内部は胆泥により高エコー性に(白く)見えます。

・治療
胆嚢が破裂し内容物が腹腔内に流出している場合には外科的に胆嚢を摘出する必要があり、同時に腹膜炎に対する処置として腹腔内を洗浄します。胆汁の通り道である胆管にも閉塞が見られる場合には胆管の切開や直接十二指腸につなげる手術を行います。破裂が見られない場合には内科的に経過観察をしていくこともありますが、破裂の危険性もあるため外科的な処置を勧めることもあります。

僧房弁閉鎖不全症

最近、愛犬の呼吸がの乱れや、咳が気になりませんか?もしかしたら、心臓の病気が隠れているかもしれません…。今回は、犬、特にキャバリアや高齢の小型犬に発生しやすい、僧帽弁閉鎖不全症という心臓の病気について紹介したいと思います。

————————————————————————————————————————————

症例:チワワ、雄、9歳
主訴:朝方の発赤、散歩に行きたがらなくなった
院内検査:
身体検査―6段階中4段階目の心雑音が認められた
レントゲン検査―心拡大・肺水腫が認められた
エコー検査―左心房の拡大と僧房弁(左心房と左心室の間の弁)の逆流が認められた
経過:血管拡張剤、強心剤、利尿剤の投薬で発咳の減少が認められた。

【レントゲン検査】

僧帽弁閉鎖不全 図2

僧帽弁閉鎖不全 図3

罹患犬の心拡大と肺水腫          正常チワワの胸部レントゲン

【エコー検査】

僧帽弁閉鎖不全 図4

僧帽弁閉鎖不全 図5

僧房弁における逆流             左心房の拡大

————————————————————————————————————————————

・僧房弁閉鎖不全症(以下MR)とは
僧帽弁とは左心房と左心室の間の弁の名前です。僧帽弁閉鎖不全症(以下MR)はその名の通り、僧帽弁がうまく閉まらなくなってしまう病態です。そのため、進行してくると、心臓のポンプ機能が低下してしまい、体に必要な酸素が送り出せなくなってきてしまいます。なんとか、機能低下を補おうと、心臓への負担も増える一方です。重度のMRになると、肺水腫や失神などを引き起こすことがあります。

僧帽弁閉鎖不全 図1

・症状
興奮時呼吸が乱れやすい、疲れやすい、咳、安静時の呼吸困難、失神などが見られることが多いです。

・診断
聴診による心臓の雑音の聴取(雑音の強さによって6段階で評価)やレントゲンによる心臓の大きさの評価、心臓のエコーによる血流の逆流・左心房の拡大の確認などを行います。レントゲンやエコーを行うことによってMRの重症度の評価を行うことができます。

 

 

・治療
≪初期≫
・血管拡張剤
・塩分を制限した食事
≪中〜重度(必要に応じて)≫
・強心剤
・利尿剤
・鎮咳薬

MRは根治するものではありませんが、投薬を行うことで、心臓の負担を軽くし、進行を遅らせることができます。ただし、一生の投薬が必要となります。

わんちゃんの呼吸状態、咳に気をつけてチェックしてみてください。安静時、寝ている時など1分間に40回以上の呼吸をしている時は、肺水腫など呼吸が苦しくなっている可能性があります。早めのご来院を!
MRについて、気になる方は、健康診断として、レントゲンや心エコーをやってみませんか?

歯周病 

今回は人間でも大切な歯磨きが関係してくるお話です!愛犬や愛猫とのスキンシップの際にお口が臭い!!なんて嫌ですよね?!

————————————————————————————————————————————

症例:ミニチュアダックスフンド、雄、13歳
主訴:口臭の悪化、ドライフードの食べが悪い
院内検査:
口腔内検査―重度の歯石付着、歯肉の退行および歯肉の炎症が認められた
血液検査―特記事項なし
レントゲン検査―特記事項なし
経過:
術前検査を行った後、全身麻酔下で歯石除去および切歯(前歯)抜歯を行った。術後は歯みがき指導を行い、オーナーが歯みがきコース*の受講を選択したため、2週間から2ヵ月の間隔で歯みがき指導を行っている。

01

02

術前画像                 術後画像

————————————————————————————————————————————

・歯周病とは
歯周病とは歯肉にのみ炎症が生じる歯肉炎と、他の歯周組織にまで炎症が波及した歯周炎の総称であり、犬や猫の口腔内疾患で最も発生率が高い疾患です。

・原因
歯に付着しやすい食事(ウェットフードなど)の摂取や寿命の延長が一因であると考えられています。汚れた歯に付着した細菌が毒素をだし、歯の周囲組織の炎症を惹起します。

・症状
歯肉の赤み・出血、口臭、歯の動揺、硬いフードを嫌がるなどの症状が主ですが、重度な場合には鼻水、流涎、頬の腫れ・出血(特に犬で多い)、顎の骨融解が見られます。

・診断
口腔内検査およびレントゲン検査を行い診断されます。

・治療
内科治療:
歯石の付着が軽度の場合は、歯みがきやガムなどのホームケアが推奨されます。特に歯みがきは外科治療後も維持療法として重要な役割を占めるため、継続的に行っていく必要があります。高齢で外科治療が推奨されない動物には、抗生剤で口腔内細菌の増殖を抑える方法もあります。
外科治療:
歯石の付着が重度の場合は、全身麻酔下で歯石除去および歯周組織が破壊された歯の抜歯を行うことが推奨されます。

*歯みがきコース
歯の健康を保つために、動物看護士による定期的な歯みがき指導および獣医師による口腔内状態の評価を行っている当院のプログラムのひとつ。歯石除去手術を行っていない動物でも参加は可能。

 

皮膚糸状菌

症例:和猫、7ヶ月、雌
主訴:1週間前からの耳および眼瞼における脱毛
院内検査:
皮膚検査:一般的な皮膚検査では異常は認められなかった。ウッド灯における検査を行ったところ、被毛に一致して青緑色の蛍光色を示したため、皮膚糸状菌感染が強く疑われた。
経過:
抗真菌薬を1週間投与したところ改善傾向が認められた。4週間後には完全に毛が生えそろった。飼い主にはこの期間中の手洗いや、猫を飼っている環境の消毒を徹底してもらった。

DSC08756

IMGP1173

投薬前                   投薬後


ウッド灯による蛍光発色ウッド灯による蛍光発色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

————————————————————————————————————————————

・皮膚糸状菌症とは
皮膚における真菌感染疾患(いわゆるカビ)の総称です。人獣共通感染症であり人間にも感染するため、注意が必要です。

・原因
罹患動物や環境中に存在する、Microsporum属やTrichophyton属の真菌が被毛に感染することが原因です。多くの動物では発症が見られませんが、多頭飼育、若齢動物、高齢の免疫不全動物における発症がよく見られます。

・症状
最も多い症状は耳・顔・足先における、痒みを伴わない脱毛です。脱毛部位に痂疲(かさぶたのようなもの)が認められることも多いです。

・診断
一般的な皮膚検査を行い、細菌感染や寄生虫感染が無いことを確かめます。確定診断してはウッド灯という紫外線を出すランプを使用するか、毛の真菌培養検査(1週間必要)を行います。皮膚糸状菌症の確定診断は一回でつかないことも多いため、繰り返し検査を行う必要があります。

・治療方法
外用薬であるクリームの塗布と抗真菌薬による治療を行います。自宅でシャンプーが可能な場合は、感染部位である毛を刈ったのち、抗真菌薬シャンプーで1週間に1-2回洗浄することも有効です。
感染動物の被毛は、人間および他の動物への感染源となるため、他の動物からの隔離および手洗いをしっかり行ってください。

 

顔面神経麻痺、外耳炎・鼓室胞炎

患者プロフィール:年齢8才、フレンチブルドッグ
主訴:片側の顔の麻痺。
経過:内科治療にて反応せず、麻酔下にて鼓室胞の洗浄を行った。

患者の頭部MRI撮影像(T2強調画像)

013

左図:矢状断面、右図:横断面

鼓室胞に貯留した液体がT2強調像で高信号に描出されている