症例報告ブログ

循環器科

動脈管開存症

動脈管開存症   ・動脈管開存症とは 動脈管は胎生期に肺動脈と大動脈に血液を通すバイパスとして機能しており、通常生後2~3日に退縮します。動脈管開存症では本来閉じるべき動脈管が残っており、治療しなければうっ血性 […]

詳しく読む

僧房弁閉鎖不全症

最近、愛犬の呼吸がの乱れや、咳が気になりませんか?もしかしたら、心臓の病気が隠れているかもしれません…。今回は、犬、特にキャバリアや高齢の小型犬に発生しやすい、僧帽弁閉鎖不全症という心臓の病気について紹介したいと思います […]

詳しく読む