症例報告ブログ

2017 9月

脛骨異型性症

脛骨異型性症   ・脛骨異型性症とは 脛骨異形成症は、脛骨遠位が内反する疾患です。この疾病は、脛骨遠位内側成長板の機能障害が原因とされており、跛行や外観上の問題が重度である場合は外科的治療が必要になります。本疾 […]

詳しく読む

色素性角膜炎

<色素性角膜炎とは> 角膜へのメラニン色素沈着を伴う角膜炎で、特にパグやシー・ズーなど短頭種の犬に多くみられます。 <原因> 角膜への慢性刺激で、睫毛の重生・乱生(いわゆる逆まつ毛)や眼瞼内反・外反などの眼瞼の異常、ある […]

詳しく読む

犬伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)

病態 犬パラインフルエンザウィルスやアデノウィルスなどの種々のウィルスや細菌が混合感染し、犬に気管気管支炎を起こす疾患であり一般にケンネルコフと呼ばれます。伝染性の強い呼吸器疾患であり、多頭飼育や不良な環境下に飼育される […]

詳しく読む