症例報告ブログ

頸部の髄膜腫

患者プロフィール:年齢7才、チワワ
主訴:頸部の痛み。歩行困難。
経過:外科手術により、髄膜腫と診断した。術後、臨床症状の改善を認める。

患者の頭部MRI撮影像(T2強調画像)

006

左図:矢状断面、右図:横断面

脊髄病変による脊髄の片側よりの圧迫を認める

患者の頭部CT撮影像

007

横断面

同部位のCTによる断層撮影では異常を認めなかった

脊髄空洞症

患者プロフィール:年齢4才、ポメラニアン
主訴:頸部の痛みを伴わない四肢の不全麻痺で来院。
経過:内科治療にて起立可能となる。

患者の胸部MRI撮影像(T2強調画像)

005

左図:矢状断面、右図:横断面

脊髄中心管の拡張を認める。

頸部椎間板ヘルニア

患者プロフィール:年齢5才、M.ダックス
主訴:1か月前からの四肢の不全麻痺。頸部痛を認める。
経過:ベントラルスロットにて外科的に圧迫を除去。その後歩行可能となる。

患者の胸腰部MRI撮影像(T2強調画像)

003

左図:矢状断面、右図:横断面

椎間板物質が脊髄を腹側より圧迫している像を認める

患者の胸腰部CT撮影像

004

横断面

椎間板物質が脊髄を腹側より圧迫している像を認める

胸腰部椎間板ヘルニア

椎間板物質が脊髄を腹側より圧迫している像を認める
患者プロフィール:年齢9才、W.コーギー
主訴:腰部の痛み。右後肢の震え。
経過:内科治療にて臨床症状の改善を認める。

患者の胸腰部MRI撮影像(T2強調画像)

001

左図:矢状断面、右図:横断面

椎間板物質が脊髄を腹側より圧迫している像を認める

患者の胸腰部CT撮影像

002

横断面

10 / 10« 先頭...678910