症例報告ブログ

僧房弁閉鎖不全症

最近、愛犬の呼吸がの乱れや、咳が気になりませんか?もしかしたら、心臓の病気が隠れているかもしれません…。今回は、犬、特にキャバリアや高齢の小型犬に発生しやすい、僧帽弁閉鎖不全症という心臓の病気について紹介したいと思います。

————————————————————————————————————————————

症例:チワワ、雄、9歳
主訴:朝方の発赤、散歩に行きたがらなくなった
院内検査:
身体検査―6段階中4段階目の心雑音が認められた
レントゲン検査―心拡大・肺水腫が認められた
エコー検査―左心房の拡大と僧房弁(左心房と左心室の間の弁)の逆流が認められた
経過:血管拡張剤、強心剤、利尿剤の投薬で発咳の減少が認められた。

【レントゲン検査】

僧帽弁閉鎖不全 図2

僧帽弁閉鎖不全 図3

       罹患犬の心拡大と肺水腫          正常チワワの胸部レントゲン

【エコー検査】

僧帽弁閉鎖不全 図4

僧帽弁閉鎖不全 図5

         僧房弁における逆流             左心房の拡大

————————————————————————————————————————————

・僧房弁閉鎖不全症(以下MR)とは
僧帽弁とは左心房と左心室の間の弁の名前です。僧帽弁閉鎖不全症(以下MR)はその名の通り、僧帽弁がうまく閉まらなくなってしまう病態です。そのため、進行してくると、心臓のポンプ機能が低下してしまい、体に必要な酸素が送り出せなくなってきてしまいます。なんとか、機能低下を補おうと、心臓への負担も増える一方です。重度のMRになると、肺水腫や失神などを引き起こすことがあります。

僧帽弁閉鎖不全 図1

・症状
興奮時呼吸が乱れやすい、疲れやすい、咳、安静時の呼吸困難、失神などが見られることが多いです。

・診断
聴診による心臓の雑音の聴取(雑音の強さによって6段階で評価)やレントゲンによる心臓の大きさの評価、心臓のエコーによる血流の逆流・左心房の拡大の確認などを行います。レントゲンやエコーを行うことによってMRの重症度の評価を行うことができます。

 

 

・治療
≪初期≫
・血管拡張剤
・塩分を制限した食事
≪中〜重度(必要に応じて)≫
・強心剤
・利尿剤
・鎮咳薬

MRは根治するものではありませんが、投薬を行うことで、心臓の負担を軽くし、進行を遅らせることができます。ただし、一生の投薬が必要となります。

わんちゃんの呼吸状態、咳に気をつけてチェックしてみてください。安静時、寝ている時など1分間に40回以上の呼吸をしている時は、肺水腫など呼吸が苦しくなっている可能性があります。早めのご来院を!
MRについて、気になる方は、健康診断として、レントゲンや心エコーをやってみませんか?

歯周病 

今回は人間でも大切な歯磨きが関係してくるお話です!愛犬や愛猫とのスキンシップの際にお口が臭い!!なんて嫌ですよね?!

————————————————————————————————————————————

症例:ミニチュアダックスフンド、雄、13歳
主訴:口臭の悪化、ドライフードの食べが悪い
院内検査:
口腔内検査―重度の歯石付着、歯肉の退行および歯肉の炎症が認められた
血液検査―特記事項なし
レントゲン検査―特記事項なし
経過:
術前検査を行った後、全身麻酔下で歯石除去および切歯(前歯)抜歯を行った。術後は歯みがき指導を行い、オーナーが歯みがきコース*の受講を選択したため、2週間から2ヵ月の間隔で歯みがき指導を行っている。

01

02

           術前画像                 術後画像

————————————————————————————————————————————

・歯周病とは
歯周病とは歯肉にのみ炎症が生じる歯肉炎と、他の歯周組織にまで炎症が波及した歯周炎の総称であり、犬や猫の口腔内疾患で最も発生率が高い疾患です。

・原因
歯に付着しやすい食事(ウェットフードなど)の摂取や寿命の延長が一因であると考えられています。汚れた歯に付着した細菌が毒素をだし、歯の周囲組織の炎症を惹起します。

・症状
歯肉の赤み・出血、口臭、歯の動揺、硬いフードを嫌がるなどの症状が主ですが、重度な場合には鼻水、流涎、頬の腫れ・出血(特に犬で多い)、顎の骨融解が見られます。

・診断
口腔内検査およびレントゲン検査を行い診断されます。

・治療
内科治療:
歯石の付着が軽度の場合は、歯みがきやガムなどのホームケアが推奨されます。特に歯みがきは外科治療後も維持療法として重要な役割を占めるため、継続的に行っていく必要があります。高齢で外科治療が推奨されない動物には、抗生剤で口腔内細菌の増殖を抑える方法もあります。
外科治療:
歯石の付着が重度の場合は、全身麻酔下で歯石除去および歯周組織が破壊された歯の抜歯を行うことが推奨されます。

*歯みがきコース
歯の健康を保つために、動物看護士による定期的な歯みがき指導および獣医師による口腔内状態の評価を行っている当院のプログラムのひとつ。歯石除去手術を行っていない動物でも参加は可能。

 

皮膚糸状菌

症例:和猫、7ヶ月、雌
主訴:1週間前からの耳および眼瞼における脱毛
院内検査:
皮膚検査:一般的な皮膚検査では異常は認められなかった。ウッド灯における検査を行ったところ、被毛に一致して青緑色の蛍光色を示したため、皮膚糸状菌感染が強く疑われた。
経過:
抗真菌薬を1週間投与したところ改善傾向が認められた。4週間後には完全に毛が生えそろった。飼い主にはこの期間中の手洗いや、猫を飼っている環境の消毒を徹底してもらった。

DSC08756

IMGP1173

         投薬前                   投薬後


ウッド灯による蛍光発色 

ウッド灯による蛍光発色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

————————————————————————————————————————————

・皮膚糸状菌症とは
皮膚における真菌感染疾患(いわゆるカビ)の総称です。人獣共通感染症であり人間にも感染するため、注意が必要です。

・原因
罹患動物や環境中に存在する、Microsporum属やTrichophyton属の真菌が被毛に感染することが原因です。多くの動物では発症が見られませんが、多頭飼育、若齢動物、高齢の免疫不全動物における発症がよく見られます。

・症状
最も多い症状は耳・顔・足先における、痒みを伴わない脱毛です。脱毛部位に痂疲(かさぶたのようなもの)が認められることも多いです。

・診断
一般的な皮膚検査を行い、細菌感染や寄生虫感染が無いことを確かめます。確定診断してはウッド灯という紫外線を出すランプを使用するか、毛の真菌培養検査(1週間必要)を行います。皮膚糸状菌症の確定診断は一回でつかないことも多いため、繰り返し検査を行う必要があります。

・治療方法
外用薬であるクリームの塗布と抗真菌薬による治療を行います。自宅でシャンプーが可能な場合は、感染部位である毛を刈ったのち、抗真菌薬シャンプーで1週間に1-2回洗浄することも有効です。
感染動物の被毛は、人間および他の動物への感染源となるため、他の動物からの隔離および手洗いをしっかり行ってください。

 

顔面神経麻痺、外耳炎・鼓室胞炎

患者プロフィール:年齢8才、フレンチブルドッグ
主訴:片側の顔の麻痺。
経過:内科治療にて反応せず、麻酔下にて鼓室胞の洗浄を行った。

患者の頭部MRI撮影像(T2強調画像)

013

左図:矢状断面、右図:横断面

鼓室胞に貯留した液体がT2強調像で高信号に描出されている

脳腫瘍疑い

患者プロフィール:年齢13才、和犬
主訴:散歩中にけいれん発作を起こし倒れた。
経過:内科治療にてけいれんはコントロールできている。

患者の頭部MRI撮影像(T2強調画像)

011

左図:矢状断面、右図:横断面

前頭洞にT2強調像で高信号な病変を認める

患者の頭部MRI撮影像(FLAIR像)        患者の頭部MRI撮影像(T1強調像)

012

左図:横断面、右図:横断面